『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』2020/02/05(水) (5/5)

『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』2020/02/05(水) (5/5)

花立小屋まえ通過、花立階段下のザレでコケリンドウを探し、芽生えを撮っておく、小さな芽が増えている。
萱場平通過、快晴、眼下は霞む、陽光の中を降り続ける、ススキの枯れ姿が白く輝いている。

堀山の家前で水飲み休憩、快晴。  堀山の家~駒止茶屋間、快晴、三ノ塔も明るい、上空に月が見える。
駒止茶屋前通過、駒止階段を注意深く下る、暗い樹林帯に木漏れ日が道に斑な明暗を見せている。
一本松通過、快晴、冬枯れのもみじ坂を降る、今日も落ち葉が輝影の景色を広げているトレースを辿る。  見晴階段は何時もきつい下りだ、今日は特にスリップ注意で降る。

見晴茶屋通過、登山者なし、眼下町並みは明るく霞む。 雑事場通過、観音茶屋前通過。
大倉林道分岐先、今日はロウバイを色々撮った、斜光線に花模様が鮮やかだ、ウメの香りも僅かに。
下りに3時19分、撮影449カット。

 2020/02/05(水)
 獲得高度(m):1,330m
 天   気 :晴れ→快晴
 気   温 :大倉7時2℃、見晴茶屋1℃、堀山の家0℃、金冷やし0℃、塔ノ岳10時50分時1℃
 風     :微風~1~3m
 ザック重量  :16Kg
 水     :1.5 ㍑


 「 コケリンドウ芽生え 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~萱場平
   今は冬越しの枯れた葉の2、3年生からの芽生えだ。

200205_IMG_3380_丹沢_コケリンドウ芽生え_花立階段~萱場平.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 コケリンドウ芽生え 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~萱場平
   周囲には小さな芽生えも色々と。

200205_IMG_3385_丹沢_コケリンドウ芽生え_花立階段~萱場平.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 コケリンドウ芽生え 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~萱場平

200205_IMG_3387_丹沢_コケリンドウ芽生え_花立階段~萱場平.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 コケリンドウ芽生え 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~萱場平

200205_IMG_3393_丹沢_コケリンドウ芽生え_花立階段~萱場平.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 冬景輝影 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・萱場平~堀山の家
   雑木林、梢の輝き揺れる。

200205_IMG_3398_丹沢_冬林陽光_萱場平~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 マメザクラ冬芽 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋
   この木は狂い咲きをしていたが、花は無くなった。

200205_IMG_3415_丹沢_マメザクラ冬芽_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 マメザクラ冬芽 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋
   冬芽がふっくらとして感じ。

200205_IMG_3424_丹沢_マメザクラ冬芽_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 マメザクラ冬芽 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋

200205_IMG_3428_丹沢_マメザクラ冬芽_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 冬光 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋
   午後になると日差しが届く、明るい山姿になる。

200205_IMG_3430_丹沢_三ノ塔冬光_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 冬光 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋

200205_IMG_3433_丹沢_三ノ塔冬光_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 冬光 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋

200205_IMG_3441_丹沢_三ノ塔冬光_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 冬光 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋
   上空には月白く。

200205_IMG_3447_丹沢_三ノ塔冬光/月_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 月白く 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~駒止茶屋

200205_IMG_3460_丹沢_三ノ塔冬光/月_堀山の家~駒止茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 落葉輝影 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・一本松~見晴茶屋
   トレース踏み跡、落ち葉は砕け、ちりぢりに。

200205_IMG_3472_丹沢_落葉輝影_一本松~見晴茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 冬林樹影 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・一本松~見晴茶屋
   雑木林の影落ちる。

200205_IMG_3481_丹沢_冬林輝影_一本松~見晴茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 コウヤボウキ枯姿 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉尾根・見晴茶屋~観音茶屋
   軽く突いてみたら、ふわふわと。

200205_IMG_3492_丹沢_コウヤボウキ果穂残る_見晴茶屋~観音茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 ロウバイ香る 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉林道分岐~大倉バス停
   風に乗り香りが届く。

200205_IMG_3504_丹沢_ロウバイ香る_大倉林道分岐~大倉バス停.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 ロウバイ香る 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉林道分岐~大倉バス停

200205_IMG_3508_丹沢_ロウバイ香る_大倉林道分岐~大倉バス停.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 ウメ香る 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉林道分岐~大倉バス停
   近づけば、僅かに香りを感じとれる。

200205_IMG_3520_丹沢_ロウバイ香る_大倉林道分岐~大倉バス停.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 ウメ香る 」2020/02/05(水) 丹沢・大倉林道分岐~大倉バス停

200205_IMG_3521_丹沢_ロウバイ香る_大倉林道分岐~大倉バス停.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 夕照 」2020/02/05(水) 小田急渋沢駅・上りホーム
   拡散光に霞む富士、ロマンスカーが通過してゆく。

200205_IMG_3533_丹沢_富士山とロマンスか通過_小田急・渋沢駅上りホーム.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年02月14日 23:21
先日も少しありましたが、コケリンドウ・・去年覚えましたが、息の長い植物ですね。
芽生えから今後の成長・開花、そして枯れ行く姿が楽しみです。
私が見つけたところは、まだまだ雪の下です。
MORINOBUNA
2020年02月15日 20:14
argoさん こんばんは。
コケリンドウ、丹沢でも今は極限られた場所で芽生えが確認できる程度です・・・毎年最初に咲く場所当たりを探して出会えたと言うところです。
argoさんは、まだまだ山スキーが本番の時期ですね~!
コケリンドウ、雪が消えれば直に芽生えると思いますが、花が咲くまでに一寸時間が掛かるかもしれませんね。