『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳~日高キレット・ピストン 』2019/10/23(水) (1/4)

『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳~日高キレット・ピストン 』2019/10/23(水) (1/4)

天気予報・秦野、晴れ、最低気温15℃、最高気温23℃、風・午前中から南南東、南東、南南東と変化する。  前日に富士山の初冠雪が確認された。
大倉行き一番バス登山者30名弱 、顔見知りMt、Ki、Ai、Iwiさん達。
大倉バス停、快晴、太陽が眩しい。 気温12℃/65%程度。 トイレに寄る、登山届け投函、何時ものバス停を撮ってから歩き出す。
 風は弱い、林道に入ると未だ道路に水が流れ、小枝落葉が散乱している、昨日の低気圧のせいだ。  克童窯通過、舗装路から石詰めの登山道に入る、気温低いが額に汗を感じ始める。  「ヒル狭間」は小石を引き詰めたような状態が無くなり、土が載っている、登山道に被さる両脇の草をよけながら通過・・・まだヤマビル注意、前回はここで手にヒルが付いてきた。
今日は前回外したヤマビルファイターをまたザックに入れてきた。
観音茶屋通過、快晴、12℃/75%程度だが、額からは汗が滲みだし玉になり始めた。  湧き水手付近カシワバハグマは終焉、付近にはコウヤボウキが沢山咲き始めた。  雑事場通過、何時ものようにアミノバイタルゴールを半分飲む。

見晴茶屋前まで50分、気温12℃/74%、快晴だが相模湾の輝きは極細い、極低い雲が広がっているのだろう。  見晴階段も明るい、「もみじ坂」も明るく木漏れ日が揺れる、ここの紅葉までには未だ1ヶ月は掛かる、11月末からだ。
一本松通過、石詰めの道は幾分滑りやすい、ベンチ通過、気温12℃/75%、今日は気温の割に汗が多いが、汗はズボンの腰回りににじみを感じる程度に収まっている。  快晴が続く、カエデのトンネルを抜けて湿った駒止階段手前でKsとクロス、「今日はいいよ!」、でした。
駒止茶屋まで1時間27分、12℃/85%、湿度が上がる。 快晴の空に表尾根がスカイラインを引く、三ノ塔も鮮やかだ。 まとまったセンブリ撮る。  途中キッコウハグマを探すが開花は確認できず。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、快晴、12℃/75%、微風、新雪の富士山が鮮やかだ。  更に陽光の中を登る、額の汗が増加。 ガレの登りから傾斜の緩い階高・・この付近にダンコウバイがあったが台風で倒れてしまい、深黄の姿を見られなくなった、残念。
これを過ぎると階段の傾斜が増す、木道階段、土留階段と繰り返し萱場平到着、雲量増加、青空が無くなった。  更に登り木道階段、土留階段と進む、岩の乗越のオヤマボクチは観察のみで通過。  ガレ岩の登り途中のリュウノウギクも花数を減らしてきている。 ガレを登り切ると花立階段下、曇り空なった、富士山は裾野が僅かに見えるだけだ。  花立階段も暑くならない、ここもリュウノウギクがよく目立つ、トネアザミの数が減ってきた。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、また丹沢に鍋蓋雲が掛かってきたようだ、眼下の町並みが雲間に垣間見られる、14℃/75%、登山者数人。  花立へと壊れ階段を登る、トネアザミ、リュウノウギク残る。 空は暗く薄い霧が流れるガレ階段をゆっくりと登る。
花立の頭、12℃/85%、リンドウ、センブリが元気だ、周囲は雲に包まれている・・・黄葉の鍋割と新雪の富士山で撮るつもりだったのだが、残念。
金冷やし、微風、気温12℃/85%と下がらない。  鍋割分岐通過、何時ものブナは大分葉が落ちてしまった姿、鈍い色合いの黄葉が残る、日差し無く黒い感じた。

塔ノ岳到着、3時間16分・・撮影96カット、12℃/80%、曇り・濃霧・尊仏山荘が霞む、微風 山頂は空いている。
尊仏山荘先客・Mt、Ft、Kiさんのお三方、5分ぐらい前に到着したとか、小屋番はFm君。  お茶を注文してどら焼き2個で腹ごしらえをする。  補給中に・・富士山が見え始めたよ、と、声が掛かる、カメラを持って小屋を出る、雲の多い景色だが新雪富士山と青空が刻々と変化する、暫く撮って小屋に戻る・・切が無い。
皆さん休憩を終わり先に下山していった・・今日の私を含め3名の年齢合計は233才。

 2019/10/23(水)
 獲得高度(m):1520m
 天   気 :快晴~曇り・霧~晴れ~曇り一時日差し、曇り
 気   温 :大倉7時12℃/60%、見晴茶屋12℃/80%、駒止茶屋~堀山先平12℃/85%、花立階段16℃/85%、金冷やし12℃/85% 塔ノ岳10時26分12℃/80%
 風     :微風~
 ザック重量  :14.2 Kg
 水     :2 ㍑



 「 出発です 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉バス停
   晴れ予報だが、今日は是非期待したい。

191023_IMG_1095_丹沢_快晴・出発です_大倉バス停.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 トリカブト咲く 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・丹沢ベース~観音茶屋
   数株の芽生えだったが、鹿に食べられずに花咲いたのは一株のみ。

191023_IMG_1103_丹沢_トリカブト咲く_丹沢ベース~観音茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 コウヤボウキ咲く 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・観音茶屋~見晴茶屋
   沢山咲いている。

191023_IMG_1122_丹沢_コウヤボウキ咲く_観音茶屋~見晴茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 相模湾 輝影 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・観音茶屋~見晴茶屋
   輝きは鈍いが冬の日も遠くない。

191023_IMG_1124_丹沢_眼下霞む_観音茶屋~見晴茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 相模湾 輝影 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・観音茶屋~見晴茶屋
   輝きは疎らだ、雲の様子を映している。

191023_IMG_1127_丹沢_相模湾霞む_観音茶屋~見晴茶屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 木漏れ日 輝影 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・見晴茶屋~一本松
   天気良好、木漏れ日も明るく揺れる。

191023_IMG_1135_丹沢_緑陰木漏れ日_見晴茶屋~一本松.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 初冠雪 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
   気象庁の初冠雪、実際の積雪は数日前に有ったはずだ。

191023_IMG_1140_丹沢_富士山初冠雪_駒止茶屋~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 表尾根 快晴 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
   秋晴れです。

191023_IMG_1147_丹沢_表尾根快晴_駒止茶屋~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 秋想 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

191023_IMG_1152_丹沢_三ノ塔秋空_駒止茶屋~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 初冠雪 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
   小草平・堀山の家前から。

191023_IMG_1156_丹沢_富士山初冠雪_駒止茶屋~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 初冠雪 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~萱場平
   小草平・堀山の家前から少し登ると展望台。

191023_IMG_1164_丹沢_富士山初冠雪_駒止茶屋~堀山の家.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 萱場平 通過 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・堀山の家~萱場平
   いつの間にか曇り空に。

191023_IMG_1165_丹沢_萱場平雲増加_堀山の家~萱場平.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 雲隠れ 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・萱場平~花立階段
   残念、すそ野しか見えない!!!。

191023_IMG_1174_丹沢_富士山雲隠れ_萱場平~花立階段.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 眼下雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~花立小屋
   丹沢山塊の上に雲が載ってきたようだ。

191023_IMG_1178_丹沢_眼下雲景_花立階段~花立小屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 三ノ塔 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・花立階段~花立小屋
   稜線が見え隠れする。

191023_IMG_1185_丹沢_三ノ塔霞む_花立階段~花立小屋.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 リンドウ咲く 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立
   背の低い笹原に、花姿を覗かせる。

191023_IMG_1191_丹沢_リンドウ咲く_花立小屋~花立.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 鍋割山稜 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立

191023_IMG_1193_丹沢_鍋割雲景_花立小屋~花立.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 塔ノ岳 到着 」2019/10/23(水) 丹沢・大倉尾根・鍋割分岐~塔ノ岳
   出発時の快晴はどこへやら、濃霧の山頂となった。

191023_IMG_1195_丹沢_山頂到着/尊仏山荘霧景_鍋割分岐~塔ノ岳.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・塔ノ岳
   雲が切れ始める、見え隠れしながらだが姿を見せる。

191023_IMG_1212_丹沢_富士山初冠雪_塔ノ岳.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・塔ノ岳

191023_IMG_1227_丹沢_富士山初冠雪_塔ノ岳.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・塔ノ岳

191023_IMG_1244_丹沢_富士山初冠雪_塔ノ岳.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM




 「 富士山 雲景 」2019/10/23(水) 丹沢・塔ノ岳

191023_IMG_1256_丹沢_富士山初冠雪_塔ノ岳.JPG
  CANON EOS 90D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント