『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳~北面キレット・ピストン 』 2019/06/04(火) (1/4)

『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳~北面キレット・ピストン 』 2019/06/04(火) (1/4)
                       _
天気予報は曇り/薄日、横浜の最低気温18℃、最高気温28℃。
大倉行き一番バスに乗車、登山者は35人程 ・・Tn、Ki、Hm、Km、Mm、H夫婦、Tdさん達と快速女子のかた。
大倉バス停、曇り、微風、気温22℃、トイレに寄り登山届けを投函して出発。 歩き出すとすぐに暑くなる、予報湿度は70%~90%弱前後と高く真夏並みだ。  克童窯通過、サイハイラン満開を撮る・・金網と草で撮りにくい。
丹沢ベース通過、石詰め「いじめ坂」通過、「ヒル狭間」通過そろそろマビルの季節だが、登山道は僅かに湿るのみ。  気温は16℃前後に低下、それでも何しろ暑く額からは汗がしたたり落ちる、軍手で拭きながら歩く。

観音茶屋通過、日差しはあるが雲が多い、緑が濃くなる登山道に前後の登山者は極少ない。 気温16℃、額から汗が流れ落ちる、頻繁に拭きながら歩く。

見晴茶屋前まで54分、写真タイム有り、気温16℃、晴れだが相模湾は霞み海岸線が分からない。   見晴階段、緑濃く木漏れ日が揺れる階段をゆっくりと登る、中間点を過ぎる当たりにギンリョウソウ芽生えを見つける、早速撮っておく。  「もみじ坂」に掛かると緑を濃くした登山道、木漏れ日が明暗を落とす。
汗を拭きながら登り続ける、登山道の海よりによる、弱い風だが涼しさを感じさせる、途中でKsさんとクロス・・・前回同様に・今年のシロヤシオツツジ、トウゴクミツバツツジは極端に悪いを繰り返していた。
一本松、ベンチ通過、キンラン、ギンラン、ササバギンランは大分鹿に食べられてしまったが花は残っている。

駒止茶屋まで1時間40分、今日も写真タイム大いにしてもずいぶんと掛かった。 表尾根、鍋割稜線は雲に隠されている、緑を濃くし初夏の景色も暗い。 キンラン5本が健在、撮る。  小草平手前平で涼しさを感じ温度計を見る・・15℃程度ある。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、曇り・薄日、13℃、微風。  登山者が前後に散見される、傾斜の緩い土留階段を過ぎる、途中ヤマツツジが鮮やかだ。  さらに階段の傾斜が増す、木道階段、土留階段と繰り返し萱場平到着、曇り空、新緑暗い、通過。 更に登り木道階段、土留階段、ガレの登りと続く、ガレのコケリンドウは終焉近くなり、枯れた細い葉巻の様に閉じた花が多い、同居の花も少なくなった。  花立階段のコケリンドウはまだ元気だ。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、曇り、12℃、微風、遠見無し。  花立へと霧の流れる壊れ階段登山道、汗をしたたらせながら登る、土留を外した場所の壊れが進む、歩きにくい。  オキナグサ元気、花、髭、そして綿毛は無くなっている。  


2019/6/4(火)
獲得高度(m):1,370 m
天    気 :曇り
気    温 :大倉7時22℃、見晴茶屋16℃、堀山先平11℃、花立階段?℃、金冷やし15℃ 塔ノ岳10時55分15℃
風       :微風~2m~
ザック重量  :15 Kg
水       :2 ㍑








「 出発です 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉バス停
今日の山の天気は期待だが!?

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 サイハイラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・克童窯~丹沢ベース
鹿よけ、保護柵の中に咲く。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 サイハイラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・克童窯~丹沢ベース

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 相模湾霞む 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋~見晴茶屋
相模湾は霞む、江ノ島も見えない。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ギンリョウソウ芽生え 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋~一本松
やっと芽を出した。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ギンリョウソウ芽生え 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋~一本松

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 初夏緑陰 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋~一本松
木漏れ日揺れる登山道を登る。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キンラン哀れ 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・一本松~駒止茶屋
落花した枝にでも打たれたのか、折れている。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ササバギンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・一本松~駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ササバギンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・一本松~駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 表尾根 初夏雲景 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ノイバラ咲く 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 ヤブデマリ咲く 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
一寸遠見の花姿。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ヤブデマリ咲く 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
一寸遠見の花姿。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
雑木林の草陰に。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 キンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キンラン爛漫 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
 見事な花姿、よく目立つ。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 萱場平 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
 暗く静かだ。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 花立階段 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段~花立小屋
霧が濃くなり薄くなりと流れている。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ジシバリ 」  2019/06/04(火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立
咲いては枯れ、咲いては枯れと花姿は続く。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック