『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』 2019/05/11(土) (2/4)       

『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』 2019/05/11(土) (2/4)                                                           _
金冷やし通過、目たつ花はツルキンバイ、シコクスミレも少しある、気温は16℃程。   鍋割分岐通過、シコクスミレ、ケマルバスミレは観察のみ、更にフデリンドウを探すが1本残らず無くなった!?。  エイザンスミレは花期中盤過ぎ、傷みが目立ち始めた、ツルシロガネソウ元気だが、蕾から実を結び始めた花まで。  今年のキクザキイチゲは極端に少ない、鹿に食べられた様だ。  更に登りいつものブナ、芽吹きが始また、青空をバックに色々撮る、低い位置の雲が邪魔なのと、葉がもう一寸増えた状態に出会いたい・・時間が気になるが、この景色を逃しては成らない。  山頂への木道階段をゆっくりと登る、下りの登山者とのクロスが増加する。

塔ノ岳到着、3時間27分・・撮影300カット、撮影減らした効果有りだが、減らしたつもりにしては多い。   晴、16℃、微風、富士山はスッキリだが南アルプスは見えない。  山頂は適度な登山者、いつもの様に撮ってから小屋に入る。
尊仏山荘今日は空いている・・先客Mt、Kiさん達とKm夫婦のみ。 当番はケンちゃん、Ft君、お茶を注文して薄皮あんパン5個で補給。  暫くするとFtさん到着・・・3番バス、一番より30分後、本人曰く「遅くなった~!?」遅くなったーと本人嘆いているが、私から見れば→今年後期高齢者、ペイロード有り、早い。  Km夫婦からスマホの写真の花なんでしょう?→「コケリンドウ」だ。

皆さん休憩を終わり先に下山していった。  私も適当に切り上げる「ゆっくり下ります」と挨拶して小屋を出る、霞が増した富士山、小屋裏のマメザクラ爛漫を撮る。  北面を登り返してくるKm夫婦、とKiさんに出会う、またもやスマホの写真の花なんでしょう? こんどは「ツルシロガネソウ」でした。

山頂から周囲の霞む景色を撮ってから下山開始、11時35分と早い時刻。
今のところ雷の様子は無い、ゆっくりと降り始める。  ワチガイソウ開花に出会う・・初物、撮る。


2019/5/11(土)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :晴れ
気    温 :大倉7時17℃、見晴茶屋16℃、堀山先平14.5℃、金冷やし16℃ 塔ノ岳10時40分時16℃
風       :微風~2m~
ザック重量  :15.6 Kg
水       :1.5 ㍑











「 ブナ 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐~塔ノ岳
 芽吹く若葉の広がりが進む。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 ブナ 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐~塔ノ岳
明るい芽吹きの若葉、輝く。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐~塔ノ岳
 雑木林には春紅葉、マメザクラと点在する。

画像


    CANON EOS 7D MⅡ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM









「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
山頂到着、緑増す山並みの向こうに。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
緑の姿には今暫し。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
緑の姿には今暫し。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 マメザクラ爛漫 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
北面の降り口に佇む花姿。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カエデ新緑 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~北面キレット
後ろには丹沢山、蛭ヶ岳が垣間見える。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 大山、三ノ塔 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
今日は塔ノ岳で下山する、降り始める前に周囲を撮る。
 左、三角錐は「大山」、右の山頂平は「三ノ塔」。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 尊仏山荘 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 陽光 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳
 雲湧く景色が続いている。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 陽光 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 下山 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
大倉尾根へと木道階段を下り始める。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 霞む 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
マメザクラも花を添える。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 下山 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
見下ろすと、木道といつものブナが見えている。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 下山 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キクザキイチゲ 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
 一輪だけの花姿。
  大部分は芽吹き、開花の段階で鹿に食べられてしまった様だ。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 タチツボスミレ彩華 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
 塔ノ岳山頂近くの花は特に色濃く見える。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 タチツボスミレ彩華 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ワチガイソウ 」  2019/05/11(土)  丹沢・塔ノ岳~大倉尾根・鍋割分岐
数は少なく探して歩く。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック