『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』 2019/05/11(土) (1/4)

『 丹沢・大倉~大倉尾根~塔ノ岳・ピストン 』 2019/05/11(土) (1/4)                                                           _
天気予報は晴れ、横浜の最低気温15℃、最高気温28℃。
大倉行き定時一番バスに乗車。   登山者は50人程・・確認できたのはMtさんだけ。  今日のバスの運転手はよく飛ばす、その上発進、加速、減速、停車がガクガク気味!。  臨時バス早い時間に先行している様だ。

大倉バス停、晴、微風、気温17℃と高い、トイレに寄り登山届けを投函して出発、顔見知りはほとんどいない。  歩き出すとすぐに暑くなり額に汗がにじみ出す、今日は12時から雷注意報が出ている、なるべく早く上がり、早く降りたい。  林の中のマルバウツギを撮る、木漏れ日に輝いている。   克童窯通過、丹沢ベース手前ツボスミレは元気だが、タチツボスミレ、ケマルバスミレは終盤の様だ。  丹沢ベース通過、登山者が前後に連なっている、「ヒル狭間」通過そろそろヤマビルの季節だ。  タチツボスミレはすでに稜線へ咲き進み達している。  キツネノカミソリはまだ青葉を見せているが、倒れた姿になってきた、もうじき枯れる・・・花は7月下旬から。  気温は16℃前後、額からは汗がしたたり落ち始める、軍手で拭きながら歩く。 緑を濃くする道を登る、今日は青空だが時折日差しは翳りも訪れる、額からの汗は続く。  キンラン2株を手早く撮る、ちゃんと撮れたろうか。

見晴茶屋前まで50分・写真タイム有、気温16℃、相模湾は明るい霞む景色。  見晴階段、緑濃い木漏れ日の階段をゆっくりと登る、エビネはパス。  登り切り「もみじ坂」、新緑と濃緑が混じる季節、登山道に木漏れ日が揺れる。
一本松通過、ベンチ通過、木漏れ日の差し込む新緑の登山道、登山者は疎らで静かな道となった。

駒止茶屋まで1時間27分、写真タイム倹約効果か。   ニオイタチツボスミレは最盛期を過ぎた感じだ、色が少し鮮やかさを無くしている。  表尾根、鍋割稜線も緑を濃くする景色が続く。 富士山は山筋が大分見える。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、父上に挨拶、晴、16℃、微風。  傾斜の緩い土留階段を過ぎる、春紅葉も終わり緑の景色が続く。  さらに急な階段が続く様になる、木道階段、土留階段と繰り返し出てくる、額から汗がしたたり落ちる。  萱場平、晴、登山者多い、カタバミは観察のみ。  更に登り木道階段、土留階段、ガレの登りと続く、前後の登山者が増加しつながる様に上る。
ガレのコケリンドウがまだ満開爛漫、素晴らしい。  花立階段もコケリンドウ満開、だが前回見た大株が見当たらない・・多分鹿に食われた。  前後に登山者が続く、暑い、温度計を見ると22℃~23℃まで上昇している・・・花立階段は暑くなる。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、晴、17℃、微風、富士山、大山、表尾根、三ノ塔、相模湾、江ノ島、転ずれば真鶴半島も見える、幾分霞む景色だ。   花立へ壊れ階段登山道。 オキナグサが元気、まだ花の形を保っている、色々撮る。
「花立の頭」から陽光の蛭ヶ岳、塔ノ岳と鮮やかだ、しかし南アルプス見えない。  花立通過、コケリンドウが減った、コイワザクラは登山道脇は花期終盤、崖下は最盛期の様だが立ち寄らず。 小屋番スタッフKbさんが追いついた、挨拶を交わして追い抜いていったが、大岩乗越咲きで一休みしていた!?。


2019/5/11(土)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :晴れ
気    温 :大倉7時17℃、見晴茶屋16℃、堀山先平14.5℃、金冷やし16℃ 塔ノ岳10時40分時16℃
風       :微風~2m~
ザック重量  :15.6 Kg
水       :1.5 ㍑










「 出発です 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉バス停
今日も良い天気を期待して。
  本日は登山届提出奨励日

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 マルバウツギ輝影 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐~克童窯
木漏れ日の花姿。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 マルバウツギ輝影 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐~克童窯

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 サイハイラン蕾 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯~丹沢ベース
 花の姿には今暫し。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キンラン爛漫 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯~見晴茶屋
 今年は花数が少ないが。
  いつも咲く場所に花姿が殆ど無い。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 キンラン爛漫 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯~見晴茶屋

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キンラン爛漫 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯~見晴茶屋

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 眼下霞む 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯~見晴茶屋
 小屋前から相模湾を望む。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 もみじ坂 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・見晴階段~一本松
 緑陰が続く登山道。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家
 木立が茂りを広げる、ここも富士山が見えにくくなってきた。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 新緑 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋~堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 萱場平 新緑 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家~萱場平
春紅葉は終わる、新緑から緑は更に濃さを増してゆく。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 コケリンドウ 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平~花立階段
花期も中盤過ぎだろう、花の盛りは花立階段から上へと広がる。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 コケリンドウ 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平~花立階段

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平~花立階段
山襞がハッキリしてきた。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立
鍋割山稜にも新緑が点在を始めた。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オキナグサ 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立
髭の姿も見せ始めた。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オキナグサ 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋~花立
髭の姿も見せ始めた。

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 春景 」  2019/05/11(土)  丹沢・大倉尾根・花立~金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MⅡ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

この記事へのコメント

argo
2019年05月25日 09:24
コケリンドウですが、教えて戴いたお陰でようやく私も見ることが
出来ました、たぶん。  標高が1600mほどのところでした。
だいぶ傷んでいるように思いましたが、もう一度行く機会があれば
周辺部をさらに探してみたいと思っています。

こちらは11日の記事と拝見しましたが、まだコケリンドウが健在
だったようですね。二週間経って、どうでしょう?
2019年05月25日 22:55
argo さん、こんばんは。
山域によって咲く時季も標高も違いそうですね。
丹沢では今現在でも咲き続けています、標高の幅が広がり1250m~1400m前後で咲いています。

この記事へのトラックバック