山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/10/29(月) (4/5)

<<   作成日時 : 2018/11/09 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/10/29(月) (4/5)
                                                _
尊仏山荘で一休み後挨拶して小屋を出る。  快晴が続く、尊仏山荘を撮って下山開始。  木道階段を下り始める、リュウノウギクが藪の中でもよく目立つ。  ブナは青空をバックにいろいろ撮る、灰色の幹が素晴らしい。  鍋割分岐通過、金冷やし、リュウノウギクは花期中盤、終盤、馬の背のオヤマボクチを撮る。
金冷やし〜花立間のリンドウが無くなってしまった・・・鹿に食われたか。  花立通過、花立小屋へガラガラ壊れ階段を気をつけて下る、リュウノウギクは花数が減った。

花立小屋前通過、花立階段をガタガタと下る、フジアザミは枯れ花が増加。  大岩前後のリンドウは終盤の姿が増加、枯れたつぼみに穴が開いている、虫がかじったのか。


2018/10/29(月)
獲得高度(m):1,370 m
天    気 :快晴
気    温 :大倉7時15℃/54%、観音茶屋14℃/64%、見晴茶屋14℃/64%、堀山14℃/55%、花立14℃/55%、 金冷やし14℃/55%、小屋のデジタル温度計16℃
湿  度   :64%/大倉 → 54% → 55%
風       :微風〜
ザック重量  :14.5 Kg
水       :2.0 g












「 蛭ヶ岳 秋景 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳
日差しは周り山襞に陰影を描き始める。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 尊仏山荘 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳
 快晴と言える天気が続く、低い位置には薄い霞が出てきている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 下山です 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
陽光の中を下り始める。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
午後の光、逆光に霞気味。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カマツカ秋景 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
黄葉はほんの一時だったが、赤い実はしっかりと。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ヤマボウシ紅葉輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
日差しを浴びると深紅の姿に、翳れば暗く枯れ葉のようだが。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ晩秋枯葉 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
枯れ葉がちょっと残るだけ、遠く蛭ヶ岳も覗く姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ晩秋枯葉 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
幹の輝きに視線が走る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 秋光輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
笹の煌めきの中を下る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 秋景 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
稜線はすでに晩秋の趣、谷を下る秋模様。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 秋彩陽光 」  2018/10/29(月)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カマツカ秋果輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 枯れ葉の中に一際赤く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 カマツカ秋果輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 枯れ葉の中に一際赤く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 秋華輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 陽光に華やかな景色を見せてくれる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 リュウノウギク晩華 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 そろそろピンクの色がつき始めたようだ、やがて色づき枯れてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 午後の光に霞む、前景稜線は秋彩が見て取れる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ陽光 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 カエデ紅葉輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 霞む 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
 ススキの輝きが揺れている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 秋光 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
 左側三角錐は「大山」、右に広がる相模湾は江ノ島からさらに遠くまで見える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 秋光輝影 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
 花立小屋通過、階段を下り始める。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 リンドウ枯姿 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
 それではまた来年の花姿を!

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 リンドウ枯姿 」  2018/10/29(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
 (11/6日現在、リンドウは新しい花が咲き続けています)

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/10/29(月) (4/5) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる