山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/06/29(金) (1/4)       

<<   作成日時 : 2018/07/07 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/06/29(金) (1/4)                                                          _
天気予報は晴れ、東京、横浜の最低気温25℃、最高気温は32℃。
渋沢駅1番バス、登山客30人弱・・常連・Tg、Km、Yz、Nmさん達と少ない。
大倉バス停・曇り・青空はのぞいている、気温は高く28℃、風弱い、湿度高そう、トイレに寄り登山届けを投函して出発する。 舗装路には湿り無し、大倉林道分岐を過ぎると湿りが残る〜克童窯と通過、石詰めに湿りが残る丹沢ベース通過、石詰めの登山道は湿り滑りやすく歩きにくい。  ヒル狭間は湿り強い、さっさと通過、湿度は高く額から汗が滲み玉の汗になり始める。
 観音茶屋通過、薄曇り・上空から熱感有り、湿度の高さを感じさせる空気感が強まる、樹林帯は一層湿度が上がる、静寂、この付近では風を感じない。  雜事場通過、アミノバイタルパーフェクトを半分飲む、弱いがひやりとした風を感じ始める。

見晴茶屋前通過、曇り、眼下は明るいが相模湾上空に低い雲が発生している。  見晴階段をゆっくりと登る、涼しい風が左側から吹き込んでくる、確りとした風だ、湿りスリップ注意、前後に登山者散見。  もみじ坂、緑を濃くした登山道、曇り空からの光は拡散して陰影は薄い。 左後ろから強めの風が吹き上げてくる、蒸し暑さを吹き飛ばすほどに、気持ちが良い・・・天気予報では平地で4,5mの風としていた。  一本松通過、今日も石詰めの登山道はスリップしやすく歩きにくさが続く。 駒止階段も湿り気味だ。

駒止茶屋まで1時間35分、前回より更に悪化、曇り、薄霧。  小屋前を通過、湿った土の乗る木道をセッセと歩く。 トンボソウは先端の変化がはっきりしてきた。  表尾根は暗い雲に覆われている。  富士見平・周囲は雲の中だ。 シャクジョウソウは終盤の姿を残している。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、曇り、薄霧、気温18℃程、風強い・・今日の風は珍しく登山道に強く吹き込んでくる風向き。  小屋前を出発、短い踊り場を挟んで急登が続く、ますますきつくなる、風の中じっと我慢で登る。 涼しい風だが時折体を冷やしすぎるほど強まる。 萱場平、暗い曇り、風で霧滴が飛んでくる。  幅広階段をゆっくりと登る、花立階段下ガレのシモツケソウも傷み出始めた花も有る、開花は進んでいる。
花立階段下、曇り・霧、風有り、シモツケが其処此処に目立ち始めている、最初の開花終盤。 花立階段をゆっくりと登る、気温は19℃、風は涼しいが汗が滲み出る。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、濃霧、風強い、20℃前後。   小屋前を出発、ガラガラの登山道が続く、曇り、霧が流れる、風が吹き込み体を冷やしてくれる。  花立下ガレ、濃霧が続く、風強い、ヤマオダマキは風に揺れとても撮れない。  花立通過、金冷やしと濃霧の中を歩く、崩落箇所のベニヤマボウシも傷み始めたようだ。 金冷やし、18℃、風有り。  鍋割分岐通過、ツルシロガネソウ、ジシバリ、ニガナは今日は見かけない。
バイカウツギは終盤の花姿に。 木道階段をゆっくりと登り切る、山頂の強風を覚悟してたどり着く。

塔ノ岳到着、3時間30、撮影70カット、濃霧、17℃、風〜10m〜、15〜20m前後・・風を少しでも避けるように東側を歩いて小屋へ。
直ぐに尊仏山荘に入る、登山客2,3名のみ、先着Tgさん・・「途中で帰ったのでは」と噂していたとか←この程度の天気で帰るか!。
当番はKyさん・・7/1に降りるとか、お茶を頼んで三色パンで腹ごしらえを始める。
先客の若者が「携帯落ちてませんでしたか?」と戻ってきた、座っていた当たりを探すも無し、他の携帯からコールしてもつながらず →その後外で靴紐結び直した場所に落ちていたらしい。
強風で小屋に入ってくる登山者多い、売店はカップラーメン、コーラ、ジュース等が売れている。一休み、腹ごしらえも終わり下山準備完了・・・今日は奥へは行かずに塔ノ岳で下山することにする・

挨拶をして小屋を出る、強風が続いている、周囲は濃霧、霧で見え隠れする尊仏山荘を撮って木道階段を下り始める。  バイカウツギは終盤を撮っておく、霧に霞む暗い登山道が続く。


2018/6/29 (金)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :曇り、→濃霧
気    温 :大倉7時27℃、観音茶屋26℃、見晴茶屋24℃、堀山18℃、花立/金冷やし18、小屋のデジタル温度計17℃
風       :微風〜2,3m→4,5m→山頂15〜20m前後
ザック重量  :15.0 Kg
水       :2.0 g










「 出発です 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉バス停
 平地天気予報はまあまあ良い天気、しかし、お山は雲の中だろう。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 もみじ坂 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 緑の木々に覆われる、左側から少し強い風が吹き込んでくる。
  湿度は高い感じだが、体のほてりを取ってくれる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 表尾根 雲景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 山並みを暗く覆う雲、ヤマボウシの白い花が鮮やかだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 シモツケ爛漫 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 登山道に沿って点々の花姿が。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ノイバラ霧滴 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 霧を集めて露の花姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ノイバラ霧滴 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 花立霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
塔ノ岳、蛭ヶ岳、鍋割山稜、富士山とぐるりの景色も雲の中。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 夏緑霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
しっとりと濡れる緑が続く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 夏緑霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 夏緑霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 夏景緑霧 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧影 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 尊仏山荘 霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
山頂到着、濃霧。
 山頂中心は、風速15〜20m前後が吹いている。
 中心を避けて風下側を回り込むように小屋に入った。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 尊仏山荘 霧景 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐
小屋で一休み後、さっさと下山することに。
 濃霧の景色を撮って下山開始。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ウツギ挽華 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐
 風に揺れる花姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ウツギ挽華 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐
山頂を僅かに下れば風は弱くなる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 樹景霧中 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 霧中下山 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐
霧がぬらす緑の景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 マルバダケブキ 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 バイカウツギ残華 」  2018/06/29(金)  丹沢・大倉尾根・塔ノ岳〜鍋割分岐
風で大分散ったようだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

山頂の強風、大変でしたね。
我が家が登った翌日(6/30)のほうが、
時折晴れ間が出るだけマシだったみたいです。
お疲れ様でした。
おぎひま
2018/07/08 07:27
おぎひま さん、こんにちは。
塔ノ岳の山頂強風は、知る人ぞ知る風です、山頂20m〜30m四方ぐらいの部分ですがすごいことになります・・冬場膝をつき、ストックで体を支えても止まっていられないこともありました・・この時転がってしまった方もいました。
山頂を僅かに過ぎれば弱くなりますが。

ご一家の登山、無事に楽しまれて何よりです!
天気が良ければ更によしですが、夜景にも出会えて良かったですね。
 雪景色も良いのでは!。
MORINOBUNA
2018/07/08 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/06/29(金) (1/4)        山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる