山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/05/28(火) (1/4)       

<<   作成日時 : 2018/06/05 09:23   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/05/28(火) (1/4)                                                    _
天気予報は曇りのち晴れ、東京、横浜の最低気温19℃、最高気温は25℃。  大倉行き一番定期バス・登山客20人弱・・常連・Ki、YsF、RiF、その他男性2,3名。
大倉バス停・曇り、気温19℃、風弱い、湿度高そう、トイレに寄り登山届けを投函して出発する。  舗装路は昨日の湿り気を残している、大倉林道分岐〜克童窯と通過、看板付近から先にアカショウマが盛んになっている。  丹沢ベース通過、石詰めの登山道は湿り滑りやすく歩きにくい。 ヒル狭間は僅かな湿りだが、さっさと通過、ウツギは花期中盤から終盤へ・・散りが多い。  湿度は高く額から汗が滲み玉の汗になり始める。

観音茶屋通過、蒸し暑い。  樹林帯は一層湿りが酷い、静かな登山道が続く、前後に人影なし。
雜事場通過、アミノバイタルパーフェクトを半分飲む、今年はこの付近のキンラン、ギンランは若芽の確認のみで終わってしまった、残念。

見晴茶屋前通過、相模湾は霞が濃い。  見晴階段をゆっくりと登る、曇りの濃緑登山道は暗く感じる。 もみじ坂、緑を濃くした登山道は暗く感じる。 一本松通過、キンラン、エビネは花期終盤の花姿が残る。  ベンチ通過、ササバギンランは確認せず・・・既に花期終盤を迎えている。  カエデのトンネルを歩く、途中で小屋番スタッフWdさんとクロス、新しいランを発見したらしい。  駒止階段をゆっくり登りきり駒止茶前、タイムチェック、表尾根は雲に覆われる景色だ。  左足膝内側に時折軽い傷みを感じる、普通に歩く分には特に問題ないが、気になってしょうが無い・自然にペースが落ちている。
 駒止茶屋まで1時間38分、大分ペースダウンしている。  小屋前を通過、木道をセッセと歩く、周囲の山並みは雲に覆われている。  富士見平、富士山、鍋割山稜、表尾根と雲の中。 キンラン二株健在、撮る・・数が増えていない。  堀山の家への登山道にはキンラン無し。
今年はキンランが全体として少ない。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、薄曇り、気温12℃程、微風、富士山は見えない。
小屋前を出発、曇り、短い踊り場を挟んで急登が続く、じっと我慢で登る、何時もの様に。 時折涼しい風が吹きひやりとする、気温12℃。  
 萱場平通過、曇り、濃霧。  幅広階段をゆっくりと登る、花立階段下ガレのコケリンドウ、ニガナ、ジシバリはいずれも花を閉じているようだ、目立たない。
 花立階段下、曇り、遠見は雲の中。  花立階段をゆっくりと登る、気温は12℃程度だが汗が滲み出る、コケリンドウ、ニガナ、ジシバリは閉じ気味だ。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、曇り、霧、12℃、風有り。  小屋前を出発、薄い霧の中を登り始める、壊れ階段をゆっくりと登る、ガラガラの登山道が続く、Kcさんが追い抜いていった。  花立下ガレ、曇り、濃霧。  霧の中に花立のヤマツツジが開花していた・・何時も梅雨の季節初めに咲くようだが、今年はもう梅雨入りなのか!?。    金冷やし、12℃程度、風は弱い、トウゴクミツバツツジは終焉の景色だ、大岩のマイヅルソウも露に濡れている。

鍋割分岐通過、右谷側にヤマボウシが開花している、霧の中にヤマツツジが鮮やかだ。  ツルシロガネソウ、ニガナ、ジシバリは花を閉じ気味だ。  更に登りカマツカの花を確認する、沢山咲いている・・蕾から満開といろいろだ。  最後の木道階段をゆっくりと登る、濃霧の山頂に到着。

塔ノ岳到着、3時間40、撮影84カット、曇り、濃霧、12℃・・・霧が濃く尊仏山荘がほとんど分からない。
直ぐに尊仏山荘に入る、当番はKちゃん、Kbさん、お茶を頼んで三色パンで腹ごしらえ。 先着・Kcさん。  
TVの話題・・・声帯は筋肉なので使わないと衰える、可聴域は年齢と共に狭くなり解像度も悪くなる等々を話題にして過ごす、Kちゃんはモスキートトーンが20才まで聞こえたと言っていた・・・私もそんな記憶がある。
時折登山者が買い物に来る・・・カップラーメンが多い。 Kcさんが先に小屋を出ていった。
ゆっくりと休憩後「今日はこのまま下りますと」と挨拶して小屋を出る。

霧の尊仏山荘を撮って下山開始、霧に薄れる木道階段を下り始める、乾いているが梢から霧滴が落ちてくる。  塔ノ岳直下でカマツカを色々撮る、蕾、満開。 
今日は霧滴のクワガタソウを色々撮ってみる。 鍋割分岐手前、ヤマボウシ咲き始め、鮮やかなヤマツツジを撮る。


2018/5/28 (月)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :雲・時折薄日
気    温 :大倉7時19℃、観音茶屋16℃、見晴茶屋16℃、堀山12℃、花立/金冷やし11、小屋のデジタル温度計12℃
風       :微風〜2,3m
ザック重量  :16.5 Kg
水       :2 g










 < 今日の天気はこんなもの >

「 暗緑を登る 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松
 登山者が1人。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 表尾根 雲景 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 周囲は雲の中、緑の明暗が彩り。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM













「 出発です 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉バス停
 天気予報は曇りのち晴れ、しかしお山は多分雲の中だろう。
  天気図良くない?。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 キンラン 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 標高1000m前後の花が咲き始め。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 キンラン 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 蕾の内に既に虫に食われたか?!。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 霧景 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
 萱場平到着、霧の中の遠近。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ハンショウヅル咲く 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
今年は只1輪。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ハンショウヅル咲く 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ヤマツツジ輝影 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
花立のピーク、ここのヤマツツジが咲くといよいよ「梅雨入り」と言った小屋番がいた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 トウゴクミツバツツジ挽華 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
霧の中、尚鮮やかな花姿を感じる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 マイヅルソウ 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐
苔むす岩の上に、点々と。。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ブナ霧景 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
緑の明暗を捉える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ブナ霧景 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カマツカ 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
塔ノ岳直下、蕾と花と。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 山頂到着 」  2018/05/28(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
濃霧の中へと到着。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 尊仏山荘 霧景 」  2018/05/28(火)  丹沢・塔ノ岳
尊仏山荘での休憩を終わり下山開始です。
 相変わらずの濃霧が続く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 下山 」  2018/05/28(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
まずは木道階段を下り始める、霧の中へと。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 緑霧 」  2018/05/28(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
霧の中をゆっくりと下る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 クワガタソウ霧滴 」  2018/05/28(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
水玉の装いで。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 クワガタソウ霧滴 」  2018/05/28(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/05/28(火) (1/4)        山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる