山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/04/30(月) (1/4)

<<   作成日時 : 2018/05/07 18:22   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/04/30(月) (1/4)                                                    _
天気予報は晴れ、東京、横浜の最低気温16℃、最高気温は25℃。  大倉行き一番定期バス・登山客50人前後・・常連・Ki、Kcさん達、その他男女2,3名。 先行臨時バス・Tn、Tg、Sk、Iiさん達、その他2、3人
大倉バス停・晴れ、気温17℃、微風、トイレに寄り登山届けを投函して出発する。 舗装路は乾いている、大倉林道分岐〜克童窯脇感の植林の中、コゴメウツギ、マルバウツギは満開。 克童窯通過、キンランの様子をチェック、撮りにくい場所も多いが色々撮る、標本はちゃんと撮れる。 ヒル狭間は幾分湿りが残る程度、さっさと通過。 キツネノカミソリの茂りは、倒れた物が多い、やがて枯れてしまう。  ムシムシと暑く額から汗がにじみ出す。

観音茶屋通過、ここは日差しが差し込む、額からの汗の滲み出しを帽子で拭きながら歩く。 キンランを撮る、満開だ。   雜事場通過、アミノバイタルパーフェクトを半分ほど飲む、ベンチから先にキンランの芽生え2株を確認、未だ小さく開花するかどうか分からない。

見晴茶屋までは56分と増加、晴れ、相模湾は霞に薄く見えている。  見晴階段下部のギンラン芽生えを確認、階段をゆっくりと登る、前後に登山者が続いている、若葉へと季節が更に進む景色。  もみじ坂、カエデは若葉の緑を更に濃くしている、新しいキンランを撮る。   前後に登山者が絶えることが無い、さすがGW最中だ。  一本松通過、キンランを探しながら歩く。  ベンチ通過、明るいカエデのトンネルが続く、駒止階段手前のカエデも青葉を濃くしている。   駒止階段をゆっくり登る、階段途中でTg、Sk組に追いつきゆっくりと追い抜く・・Skさんリハビリ中。

駒止茶屋まで1時間35分、写真撮影の割にはまあまあか!?。  小屋前を通過、乾いた木道をセッセと歩く、表尾根はすこし霞んでいる。  富士見平、富士山は春雪の景色、鍋割山稜も幾分の霞。  富士見平付近、ウワズミザクラが開花、撮る、マメザクラは青葉の景色になっている。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、晴れ、気温14℃程、微風、富士山はよく見える。  小屋前を出発、青空の下を登る、ここから短い踊り場を挟んで急登が続く、ますますきつくなる、じっと我慢で登る、日差しが暑い。  風無し、気温15℃、晴れ。  萱場平通過、幅広階段付近、前後の登山者の連なりが疎らになった。  花立階段下ガレの「コケリンドウ」、日差し有り、気温高いで元気な姿を見せているが、花がみんな小ぶりだ。
花立階段下、富士山はよく見えるが撮らずに先を急ぐ。  花立階段をゆっくりと登る、コケリンドウがポツリポツリと咲いている、階段上部の花はもっと増えても良い時期だが。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、晴れ、日差し有り、15℃、風有り、大山、三ノ塔、富士山共に見える、小屋横のマメザクラは終了。  小屋前を出発、青空、日差しを浴びながら登る。  花立下ガレ、富士山を撮る、南アルプスは霞の中に僅かに見える、残雪の白いスカイラインが浮かんでいる。  オキナグサは観察のみ・・みんな元気だ、一株は種の姿になりかけている、白い髭までにはもう少し。  花立通過、コイワザクラは盛りを過ぎ傷み始めた花姿が大部分だ。  金冷やし、14℃程度、ツルキンバイが真っ盛り・・濃い黄色の花は写真には難しい。 
鍋割分岐通過、前後のブナの芽吹が進み萠葉が目立つ、フデリンドウを探すと小さな1輪が有った。 ツルシロガネソウが沢山咲いている、キクザキイチゲが時折混じっている。  昨年出会ったユキザサ蕾を発見・撮る。  蛭ヶ岳展望台からは霞む景色が見えている。  最後の木道階段をゆっくりと登る。

塔ノ岳到着、3時間26、撮影140カット、晴れ、12℃、風少し強い、富士山はよく見える、南アルプス霞に白いスカイラインを見せている、蛭ヶ岳は春の色合い強めた景色だ。 山頂の混み具合は未だ少ない。  今日の登りは下山者が多かった、昨夜泊まり。
直ぐに尊仏山荘に入る、混んでいる・ストーブの横のテーブルに、当番は親父さん、Wdさん。久しぶり、Kちゃん、Kyさんは応援、お茶を頼んで三色パンで腹ごしらえ、先着は無し。
 
休憩後「北面キレット」と声をかけて小屋を出る、晴れ、気温12℃、風少し強い・出だしはアウターを羽織って降りる。


2018/4/30(月)
獲得高度(m):1,370 m
天    気 :晴れ→薄雲・青空・日差しあり
気    温 :大倉7時17℃、観音茶屋15℃、見晴茶屋15℃、堀山15℃、花立/金冷やし14℃、小屋のデジタル温度計12℃
風       :微風〜4,5m
ザック重量  :16.2 Kg
水       :2 g














「 キンラン爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・克童窯〜見晴茶屋
 草むらに。
  帰りにしっかり撮ることにして先を急ぐ。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 出発です 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉バス停
 天気予報は良好、好天を期待したい。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 マルバウツギ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉林道分岐〜克童窯
 暗い杉の樹林帯、木漏れ日が漏れる中。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 マルバウツギ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉林道分岐〜克童窯

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 緑陰木漏れ日 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松
 もみじ坂、新緑は緑を濃くし暗さを感じさせるほど。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 春景 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 何時もの富士見平、益々狭まってしまった樹間から。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 萱場平 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
 薄雲も有るが青空が続く、新緑が一層鮮やかだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春景 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 アセビを彩りにくわえて。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 春景 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 鍋割山稜にも新緑が目立ち始めた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 塔ノ岳へ 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 花立山頂から。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ新緑 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 塔ノ岳への途中、芽吹きから萠葉の広がり。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ新緑 」  2018/04/30(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳
 新緑と春雪の景色となる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳
 新緑と春雪の景色となる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 マメザクラ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳
 山頂北面のマメザクラ、後の芽吹きはマユミの若葉。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 マメザクラ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳
 山頂北面のマメザクラ、後の芽吹きはマユミの若葉。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カエデ春黄葉 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
 枝振りの隙間から蛭ヶ岳が覗く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 ヤマザクラ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
 青空に華が散る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ヤマザクラ爛漫 」  2018/04/30(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/04/30(月) (1/4) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる