山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』 2018/05/21(月) (1/4)

<<   作成日時 : 2018/05/27 13:45   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』 2018/05/21(月) (1/4)                                                    _
天気予報は晴れ、東京、横浜の最低気温12℃、最高気温は24℃。 
大倉行き一番定期バス・登山客30人程・・常連・Ng、Tn、Mt、Ft、Kc、Tn、Ig、Nmさん達と、その他男女2,3名。
大倉バス停・晴れ、気温17℃、微風、トイレに寄り登山届けを投函して出発する。 舗装路は乾いている、大倉林道分岐〜克童窯の植林内マルバウツギ、コゴメウツギ共に終焉。 丹沢ベース通過、石詰めの登山道は幾分湿りが残る、滑りやすい。 ヒル狭間は乾き気味だがさっさと通過。 ウツギが一株爛漫の花姿だ。  比較的湿度は低いのか汗の滲みはあるが酷くはない。

観音茶屋で臨時のトイレタイム・約10分のロス。  樹林帯だが額からの汗を帽子で拭きながら歩く、途中ヤブレガサを確認。  雜事場通過、アミノバイタルパーフェクトを半分ほど飲む。

見晴茶屋まで1時間3分・・観音茶屋トイレ約10分ロスタイム、晴れ、相模湾は霞むが江ノ島は見えている。  見晴階段をゆっくりと登る、緑濃く木漏れ日が漏れる登山道。   もみじ坂、緑を濃くした道が続く、木漏れ日が僅かに揺れている。    一本松通過、キンラン、エビネは未だ健在・・花期後半。  ベンチ通過、ギンランを確認する、健在だが数が減っている。
カエデのトンネルを歩く。   駒止階段をゆっくり登りきり駒止茶前、タイムチェック、表尾根は見えている。

駒止茶屋まで1時間35分、観音茶屋トイレ約10分。  小屋前を通過、乾いた木道をセッセと歩く、表尾根は霞んでいる。  富士見平、富士山は斑な残雪、鍋割山稜は緑の景色だ。  富士見平付通過、キンランを探すが見当たらず、堀山の家までの間にも無し。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、晴れ、気温16℃程、微風、富士山は見える。  小屋前を出発、青空・雲量有り、ここから短い踊り場を挟んで急登が続く、ますますきつくなる、じっと我慢で登る、何時もの様に。  風無し、気温16℃。  萱場平通過、青空と緑の景色。幅広階段をゆっくりと登る、花立階段下ガレの「コケリンドウ」は今日も元気に咲いている。
 花立階段下、富士山は青空にスッキリ。  花立階段のコケリンドウが咲きそろっているが、なんとなく少ない。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、晴れ、巻雲が広がる、15℃、風弱い、三ノ塔も幾分霞む・・・日暈が架かっていることに気がつく、色々撮る、広角レンズに交換して更に撮っておく。  小屋前を出発、日差しの中の壊れ階段をゆっくりと登る、ガラガラの登山道だ。  花立下ガレ、晴れ、富士山はよく見えるが南アルプスは霞に没している、日暈はよく見えている。  オキナグサは観察のみ・・・みんな元気な髭姿。   金冷やし、16℃程度、風は弱い、トウゴクミツバツツジは花期終盤だ。  鍋割分岐通過、前後のブナ、カエデは青葉の景色になっている。 ツルシロガネソウは未だ沢山咲いている、ツルキンバイ、ジシバリらしい黄色い花が混じる。 この付近のトウゴクミツバツツジも花期終盤。 塔ノ岳直下でNgさんとクロス、最後の木道階段をゆっくりと登る。

塔ノ岳到着、3時間48、撮影188カット、晴れ、16℃、日暈は未だよく見えている。    富士山はよく見える、南アルプスは霞の中に薄い、蛭ヶ岳はよく見える。 小屋前でMtさんとクロス、このまま下山とのこと。
直ぐに尊仏山荘に入る、当番はKちゃん、Kbさん、お茶を頼んで三色パンで腹ごしらえ。 暫くすると北面からFt、Tnさん達が帰ってきた・・・写真を見せられるがコンデシの小さなモニターよく分からない。

休憩後「日っ高の先まで」と声をかけて小屋を出る、晴れ、気温15℃、風弱い・・日暈は消えてしまった。  北面の壊れ階段をゆっくりと下る、トウゴクミツバツツジも花期中盤から終盤。



2018/5/21(月)
獲得高度(m):1,520 m
天    気 :晴れ〜薄雲・・日暈
気    温 :大倉7時17℃、観音茶屋16℃、見晴茶屋16℃、堀山16℃、花立/金冷やし16、小屋のデジタル温度計15℃
風       :微風〜2,3m
ザック重量  :16.8 Kg
水       :2 g









 < この日は暈に出会えた、夕方の天気予報でも出てきた >

「 暈(カサ) 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
何気なく空を見ると、太陽の周りに光環が出来ていた、周りでも撮り始める。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 出発です 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉バス停
 薄曇りだが良い天気を期待して、予報は良好。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 残雪 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 雪の模様が景色になっている。
   木の生長は益々で、今年は隠されてしまうかもしれない。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 残雪 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 何時もの階段下から。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
緑を濃くする鍋割山稜の上に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 新緑と残雪、一時の景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 蛭ヶ岳 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
アセビとトウゴクミツバツツジが彩りを添える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山とトウゴクミツバツツジ 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 富士山とトウゴクミツバツツジ 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM












「 トウゴクミツバツツジ挽華 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐
ブナ、カエデの緑の中に。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM












「 暈(カサ) 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
ブナ新緑を飾り付ける。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM













「 ユキザサ咲く 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 大倉尾根で出会うのはこの一株だけ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
山頂到着、南アルプスも薄く見えている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 南アルプス霞む・聖岳、赤石岳、悪沢岳 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳
南アルプスも斑模様がはっきりしてきた。
 南部の雄峰が並ぶ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 南アルプス霞む・農鳥岳、間ノ岳、北岳 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳
 北部の雄峰が並ぶ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 暈(カサ) 」  2018/05/21(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 山頂も参加して。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳
 緑なす山並みの向こうに。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 トウゴクミツバツツジ挽華 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
 北面の雑木林、未だ鮮やかな花を残す。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 トウゴクミツバツツジ挽華 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 トウゴクミツバツツジ挽華 」  2018/05/21(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
トウゴクミツバツツジ、株ごとに、花ごとに色合いが違う。
 明るいピンク色から濃紅紫色まで、その変化は大きい。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』 2018/05/21(月) (1/4) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる