山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/05/05(土) (1/4)

<<   作成日時 : 2018/05/11 09:30   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/05/05(土) (1/4)                                                    _
天気予報は晴れ、東京、横浜の最低気温13℃、最高気温は26℃、湿度低い。
渋沢駅前の大倉行き一番定期バス・登山客60人前後・・常連・Kiさんと、他男女不明数人?名。 先行臨時バス・Tn、Tgさん達、その他不明。  定期1台+臨時3台=計4台が順次発車した・・・さすがGW5/5日、こどもの日。
大倉バス停・晴れ、気温14℃、微風、トイレに寄り登山届けを投函して出発する。 登山者が続く舗装路を歩き始める、乾いている。  大倉林道分岐〜克童窯脇感の植林の中、コゴメウツギ、マルバウツギの満開が続いている。 克童窯通過、キンランは終盤を迎えている、傷み目立ち花数も減っている。 ヒル狭間は埃が立たない程度だがさっさと通過。 キツネノカミソリの茂りはほとんどが倒れている、そろそろ終焉か・・花は7/下〜。  気温13℃程度だがムシムシと暑く額から汗がにじみ出す、予報では湿度は下がると言っていたが。

観音茶屋通過、樹林が切れ日差しが差し込む、額からの汗の滲み出しを帽子で拭きながら歩く。 雜事場通過、アミノバイタルパーフェクトを半分ほど飲む、ベンチから先のギンランの芽生え2株は確認できなかった・・・鹿に食われたか。

見晴茶屋までは52分、晴れ、相模湾は霞に薄く見えている。  ササバギンランが開花していた、見晴階段をゆっくりと登る、前後に登山者が続いている、新緑を濃くし登山道が幾分暗くなっている。 もみじ坂、カエデは緑を濃くしトンネル状に続く。 前後に登山者が絶えることが無い、さすがGW最中だ、4/30日より更に登山者が多い。  一本松通過、標高を上げてキンランが咲き始めるはずだが期待したい、Wdエビネは健在だ。  ベンチ通過、明るいカエデのトンネルが続く、キンラン、ギンランが期待できるのだが、大抵は若葉の内に鹿の餌になってしまう。  駒止階段手前のカエデも青葉を更に濃くしている。 駒止階段をゆっくり登る、スピードは出ない。

駒止茶屋まで1時間32分、写真撮影の割にはまあまあか!?。  小屋前を通過、乾いた木道をセッセと歩く、青空の表尾根はすこし霞を感じる。   富士見平、富士山は春雪の景色、鍋割山稜も幾分の霞。  富士見平付近、ウワズミザクラは既に痛み始めている。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、晴れ、気温13℃程、微風、富士山はよく見える。  小屋前を出発、青空の下を登る、ここから短い踊り場を挟んで階段を交えた急登が続く、ますますきつくなる、じっと我慢で登る、前後に登山者が途切れることは無い、日差しが暑い。

萱場平通過、幅広階段付近、前後の登山者の連なりが少し疎らになった。  花立階段下ガレの「コケリンドウ」、日差し有り、気温高いで元気な姿を見せているが、花がみんな小ぶりだ。
花立階段下、富士山はよく見える、撮っておく。  花立階段をゆっくりと登る、コケリンドウが目立つほどに咲き始めた、花の大きな物も有る。  登山者の続く階段が続く。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、晴れ、日差し有り、13℃、風有り、大山、三ノ塔、富士山共に見えるが薄い霞、小屋横のマメザクラは葉桜に。  小屋前を出発、青空、日差しを浴びながら登る。  花立下ガレ、富士山を撮る、南アルプスは霞に隠れている。  オキナグサは観察のみ・・みんな元気だ、花から髭へ、これからタンポポの穂のような種へとなる。  花立通過、コイワザクラは終焉。  金冷やし、13℃程度、ツルキンバイが真っ盛り、トウゴクミツバツツジ開花、未だ蕾が多い。

鍋割分岐通過、前後のブナの芽吹が進み萠葉から青葉へと景色が変わりつつ有る、フデリンドウは見つからず。 ツルシロガネソウが沢山咲いている・・既に種の膨らみを見せる花も多い。  ユキザサ蕾が少しふくらんだ・撮る。  蛭ヶ岳展望台からは霞む景色が見えている、ブナの新緑が素晴らしい、色々撮る、緑の色合い表現は中々に難しいと感じる。  最後の木道階段をゆっくりと登る。下りの登山者とのすれ違いが多くなる。


2018/5/5 (土)
獲得高度(m):1,370 m
天    気 :晴れ
気    温 :大倉7時14℃、観音茶屋13℃、見晴茶屋13℃、堀山14℃、花立/金冷やし14℃、小屋のデジタル温度計12℃
風       :微風〜2,3m
ザック重量  :  16.3 Kg
水       :2.0 g









 < 丹沢新緑 山毛欅、楓 >

「 ブナ新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 萠葉から新緑へ、未だ浅い色模様だ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 カエデ新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
ほんの一時の景色、この季節は瞬く間に過ぎてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カエデ新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 出発です 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉バス停
 天気予報は良好、好天を期待して。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 コゴメウツギ 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜克童窯
 針葉樹の植林帯、暗い林床、木漏れ日の景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 マルバウツギ 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜克童窯
 針葉樹の植林帯、暗い林床、木漏れ日の景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 キンラン挽華 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・克童窯〜見晴茶屋
 今年はそろそろ終盤から終焉へ。
  10日から2週間程早い開花だった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ササバギンラン咲く 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 キンラン挽華 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ササバギンラン咲く 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 新緑 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松
緑を濃くしてゆく、トンネルは薄暗く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キンラン蕾 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋
標高を上げて咲き始める。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 表尾根早春 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
新緑が山肌を染め上げてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 春雪 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春雪 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
新緑に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 春雪 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
前景、鍋割山稜が新緑で彩りを添える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 春雪 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 右側に連なる南アルプスは霞に没している。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 春景陽光 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 春景陽光 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ユキザサ蕾 」  2018/05/05(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 一株のみ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は
太陽の光を浴びた新緑のブナの大木、躍動感
にあふれ大好きです、また拝見を楽しみに
しています。
poneis&たかちゃん
2018/05/11 13:37
poneis&たかちゃん さん、こんにちは。
訪問いただきありがとうございます。
新緑はまさに一刻ですね、日に日に変わる色模様、毎日見れないのが残念です。
しかし、出会えたときの嬉しさはひとしおですね!。
MORINOBUNA
2018/05/12 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/05/05(土) (1/4) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる