山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/03/23(金) (4/4) 

<<   作成日時 : 2018/04/03 17:09   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/03/23(金) (4/4)                                                    _
蛭ヶ岳展望台から蛭ヶ岳を撮っておく、その後も雪の登山道を撮りながら降る。
金冷やし、雪のために狭くなった部分もある、暗い空でもトウゴクヒメシャラの赤みを帯びた幹が目立つ。  花立通過、暗い曇り、富士山は雲に覆われている、まるで雲が包み込んでいるような景色、中々迫力がある。

花立小屋通過、丹沢山塊は雲の下だが、下界は明るい景色が続いている。  花立階段は斑に雪が残っている、時折登山者が散見される。 花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、確認を忘れた。 ガレのコケリンドウは雪の下で見えない。  更に下るとオヤマボクチの枯れ尾花が雪の上に出ている。 さらに下る、概ね雪の上を歩く、萱場平ベンチ通過。
 堀山の家への下りは雪が疎らになる、ほとんど雪の無い道が多くなってきた、軽アイゼンは堀山の家前で外す予定。

堀山の家前で何時もの水飲み休憩、気温4℃、薄曇り、風弱い。
堀山の家〜駒止茶屋間、残雪と弱い泥濘が断続的に出てくる、木道には未だ雪が残ったままだ。  三ノ塔は翳りの中に。

駒止茶屋前通過、駒止階段は湿りは残るが雪は無い、階段下の雪はすっかりと消えている。 軽い泥濘の道が一本松へと続く。
一本松通過、薄曇り、もみじ坂は幾分明るくなった、カエデの芽吹きが始まった、えんじ色をしている。  見晴階段も幾分湿っている、何時もながら疲れも出てしんどい階段下りだ。

見晴茶屋通過、雜事場先と丁度良い湿り具合、時間を見るとどうやら16時22分のバスにギリギリ間に合いそうな感じ。 写真撮影を最低限にして降る、観音茶屋通過、何時もの場所の「キツネノカミソリ」若葉を素早く撮る、タチツボスミレも。  ヒル狭間手前のヤマルリソウを撮る。その後はセッセと降るのみ。
克童窯通過、大倉林道分岐先の土手、タチツボスミレは観察のみ。
下りに3時、撮影127カット。  トイレ、靴洗いだけ済ましてバスに飛び乗る、着替はバスの中でスポーツシャツを羽織るだけだ・・・バスは直ぐに発車した。


2018/3/23 (金)
獲得高度(m):1,330 m
天    気 :曇り→晴れ間→曇り→下山時・見晴茶屋・しばらく雨ぱらつく、風弱い
気    温 :大倉7時8℃、観音茶屋7℃、見晴茶屋6℃、堀山4℃、花立/金冷やし4℃、小屋のデジタル温度計5.6℃ / 13時2.5℃
風       :微風〜
ザック重量  :16.8 Kg
水       :1.5 g










「 蛭ヶ岳 春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 蛭ヶ岳も雲の傘姿が続いている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 アセビ春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 谷尾覗き込む、春雪にアセビの緑が僅かに目を引く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 春雪下山 」  2018/03/23(金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 鍋割分岐、直進すれば「鍋割山稜」へ、左へ曲がれば大倉尾根をたどり大倉バス停へ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 金冷やし春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 金冷やし春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
馬の背部分は吹きだまりで狭い部分が残っている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山雲景 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
暗雲の重なり、まるで異星人の宇宙船のように富士山を隠している。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 三ノ塔 春雪翳る 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
左三角錐・大山は日差しの中に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ枯れ尾花 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
春雪の中に鮮やかに。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ枯れ尾花 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 三ノ塔 春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
曇り空からの時折の日差しが明暗を繰り返す。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 春雪 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 カエデ芽吹き 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
えんじ色も鮮やかに。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 タチツボスミレ 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース
キツネノカミソリのそばに咲いていた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キツネノカミソリ茂 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ヤマルリソウ爛漫 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース
花数も増え其処此処に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ヤマルリソウ爛漫 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 タチツボスミレ 」  2018/03/23(金)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース
更に標高を下げる、大倉林道分岐付近で。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/03/23(金) (4/4)  山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる