山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高キレット・ピストン 』 2018/04/12(木) (3/4)

<<   作成日時 : 2018/04/19 07:35   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高キレット・ピストン 』 2018/04/12(木) (3/4)                                                    _
日高道標を過ぎて竜ヶ馬場方向へと下る、途中キクザキイチゲを撮りながら。  更に最低鞍部にへと向かって下る、途中のキクザキイチゲは白花だけだった・・決まった場所に紫が咲くのだが今年は無し。  日高キレットで引き返すことにする、日高道標に戻り水分補給、天気は薄曇りになってきているが遠見はきく、蛭ヶ岳、富士山は見えている。

尊仏山荘に戻り一休み、山頂は比較的空いている、小屋には常連のMsさんが何時ものお泊まりで到着していた、コーヒーを頼んでケーキパンで2回目の補給。 親父さんに「キクザキイチゲ」は豊作ですね、と。
ゆっくりと休憩後「降りますと」と挨拶して小屋を出る。  晴れ・日差しの抜ける薄曇り、気温14℃、風有り。何時もの尊仏山荘を撮ってから下山開始、薄い春霞が景色を覆っている。  登山道は乾燥している、ブナ、蛭ヶ岳と霞む色具合だ、途中白のキクザキイチゲが群生している、撮っておく。 蛭ヶ岳は見るだけで通過、初物のハナネコノメを撮る、すごく小さい、どうしてだろう。
鍋割分岐、金冷やし通過、花立通過、明るい春霞が続く。  富士山は霞に没しそうに薄い、オキナグサ芽生えは観察のみで通過。


2018/4/12(木)
獲得高度(m):1,500 m
天    気 :晴れ、薄曇り、日差し有り
気    温 :大倉7時17℃、観音茶屋15℃、見晴茶屋14℃、堀山14℃、花立/金冷やし12、小屋のデジタル温度計11℃ / 13時12℃
風       :微風〜
ザック重量  :15.4 Kg
水       :1.5 g










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標
 一度全滅したが回復、去年から回復した花姿。。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM











「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM












「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM












「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜日高道標

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 シロヤシオツツジ冬姿春想 」  2018/04/12(木)  丹沢・日高道標〜日高キレット
白い一華の花姿に出会いたい。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・日高道標〜塔ノ岳北面キレット
笹原、沢山、咲いている。
 次に鹿の刈り取りに会うまでは大丈夫、増減はあるが毎年咲いている場所だ。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・日高道標〜塔ノ岳北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM











「 富士山霞む 」  2018/04/12(木)  丹沢・日高道標〜塔ノ岳北面キレット
 霞む景色が続く、南アルプスは影も見えない。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 塔ノ岳へ 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳北面キレット〜塔ノ岳
 北面キレットを越える、塔ノ岳への登り返しが始まる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 尊仏山荘 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳
 静寂、早春の一時。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 塔ノ岳直下の一角に。
  (この群落F4日後には壊滅していた・・鹿に食べられた)

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 キクザキイチゲ爛漫 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ハナネコノメ 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
昨年は何株も咲いていたが、今年はこれだけ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ハナネコノメ 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ春想 」  2018/04/12(木)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
芽吹き、萠葉、若葉へと、未だ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 大山&三ノ塔 」  2018/04/12(木)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
雑木林の梢が赤みを増している、春未だ?。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
いや〜あっ、キクザキイチゲが回復した途端に鹿に食べられるとは(>_<)
丹沢では鹿の対策はされていないのでしょうか?
ハナネコノメの減少も気懸りですね。
山ちゃん
2018/05/08 11:46
山ちゃん さん、こんにちは。
そうなんですよ〜!、それにしても一本残らず食べ尽くします、見逃し無し。
鹿も増えすぎると、と、いうことですが、種の媒介にも寄与している様ですね。
大倉屋根のハナネコノメは減ってしまいました、全体としては回復の様子が見られません。 丹沢全体では各種のネコノメソウの仲間が沢山咲いているようですが。

ところで、丹沢の鹿対策ですが、現在も積極的に行われていますが、効果は限定的です・・・丹沢の鹿対策はずいぶん前から行われています、他地域で問題になるより遙かに早くからと言えるかもしれません。
対策は、鹿の移動を防ぐフェンスの設置、幹への金網巻き付け、罠、鉄砲等々です。
5年ほど前から狩猟期間を撤廃、年間を通してプロハンターを雇用、狩猟が行われています・・当然関係当局の許可がいります。

これらの費用は県民税/市民税で賄われいる、横浜市には「横浜みどり税」も有ります。
以下 横浜市広報より。
平成21年度からの5ヶ年で、総額96億円の「横浜みどり税」を導入。樹林地の保全や幼稚園の芝生化、商業施設の緑化まで、さまざまな場所で緑は増えている
−引用終わり−
現在も延長され「横浜みどり税」は続いています。

対策効果は相当ありましたが、鹿も賢く逃げ回り、一定以上の効果が得られていないようです。
ただし、全体数が減っていることは間違いありません。
今まで見かけない場所で、見かけない花を目にすることが増えています。
花の数も増加していますね。
さて、これからどうなることやら!?。
MORINOBUNA
2018/05/08 16:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高キレット・ピストン 』 2018/04/12(木) (3/4) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる