山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/02/27(火) (3/3)

<<   作成日時 : 2018/03/10 08:24   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/02/27(火) (3/3)                                                    _
小屋で一休み後「降りますと」と挨拶して小屋を出る、アウターだけ着た。  軽アイゼン装着、曇り、気温−2℃、風少し強い。 木道階段を過ぎると少し圧雪が残っている、更に下り展望台の先にも圧雪が残る、私はこの2カ所だけ軽アイゼン欲しい・・・この部分が終わると直ぐに軽アイゼンを外してしまった。 泥濘が少し酷くなっている、これからの季節は凍結と泥濘の時期がしばらく続く。
金冷やし、圧雪は極一部で緩みスリップの危険は少ない。 花立通過、残雪極少なくガレと壊れ階段が続く、まだ時折の隠れ圧雪には注意。

花立小屋通過、花立階段は湿りが残るが雪は無し、暗い曇り空が続く、下界は霞の中に時折薄く見える。 花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、未だ2輪残る。
樹林帯手前から圧雪が残る部分が出てくる、樹林帯に入ると更に増える、要注意。  萱場平ベンチ手前は泥濘みが酷くなっている。   堀山の家への階段は雪は無いが湿っている。

堀山の家前で水飲み休憩、曇り、気温3℃、風有り。  堀山の家〜駒止茶屋間、雪解けが進み泥濘が増加している、しかし樹林帯木道両側には雪は未だ残る。
 駒止茶屋前通過、駒止階段は湿りが残り要注意。 階段下の緩い傾斜部分の圧雪もほとんど解消したが土が乗りよく分からない。  その後は登山道の圧雪は解消し泥濘み気味になってきた。
 一本松通過、曇り空の下を降る、もみじ坂は湿り気と乾いた部分が混在する登山道が続く。  見晴階段も幾分湿っている、疲れも出て何時もしんどい階段下りだ。

見晴茶屋通過、雜事場先と適度の乾燥具合だ。
大倉林道分岐先、ろうばいは終盤、花が落ちている。
下りに2時57分だった、撮影149カット。  トイレ、靴洗い、着替えは省いて、発車寸前のバスに乗車、空いている。


2018/2/27 (火)
獲得高度(m):1,370 m
天    気 :曇り
気    温 :大倉7時3℃、観音茶屋2℃、見晴茶屋2℃、堀山1℃、花立/金冷やし0℃、小屋のデジタル温度計−3.4℃
風      :微風〜2,3
ザック重量  :17.0 Kg
水      :1.5 g










「 尊仏山荘 霧景 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳
 静かな山頂を後にする。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 これから下山 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 薄い雲の中へと。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 霧氷咲く 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 曇り空が続く、日差し無く薄い霧氷が残る景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷咲く 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ冬姿霧景 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
梢は白い枝振りに見える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ冬姿霧景 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 霧氷華 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
薄化粧の景色が続く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷華 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ霧氷華 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
枯葉の色がちりばめられている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ霧氷華 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 下山 」  2018/02/27(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
このあたりは圧雪が残る、氷化部分もあり要注意。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷淡く 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
この霧氷、日差しが出れば直ぐに消えてしまいそう。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ冬 霧氷 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
消え入りそうに見えていた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 フキノトウ 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
地面からいきなり花が咲いている、ように、見える・・茎が無い。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ヤマルリソウ 」  2018/02/27(火)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜丹沢ベース
何時もの場所で撮り続ける。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2018/02/27(火) (3/3) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる