山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・泊〜日高手前 』 2018/01/26(金)〜27(土) (1/6

<<   作成日時 : 2018/02/01 19:56   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・泊〜日高手前 』 2018/01/26(金)〜27(土) (1/6)                                              _
  1/26(金) 大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高手前〜塔ノ岳・泊

天気予報、東京、横浜最低気温−2℃、最高気温7℃、快晴・・・天気図では高気圧圏内だが、その先端に凸凹が少しある。
渋沢駅前、晴れ、始発バス・登山者20名前後・・・常連顔見知り・Tg、Ng、Nm、Tzさん達と顔見知りだが氏名分からず数名。
大倉バス停、晴、気温−2℃、風弱い、湿度中。  今日は泊まりのフル装備で19Kg〜20Kg、冬靴だ・・・ゆっくりを意識して歩く。 舗装路は乾いている、克童窯、丹沢ベース通過、気温は低いが今日も額からは汗がにじみ出す。  観音茶屋通過、登山道脇には雪が残っている、雜事場が近づくと気温は−2℃、雜事場通過・アミノバイタルゼリーを2/3程飲む。
見晴茶屋前通過、晴、相模湾は霞む輝きを放っている。   見晴階段には雪は無いが周囲の残雪が増加している。  もみじ坂に掛かる、残雪が増加、冬林に蒼空が映える。 前後には登山者が数人見えている程度。  コンコンコンと音が響いてきた、数羽のコゲラが食事中のようだ。
一本松、気温2℃、石詰め登山道は圧雪と氷化が残っている。 残雪、圧雪の登山道が続くようになる、カエデを過ぎる当たりで軽アイゼン装着・・このとき小屋番スタッフの小林さんが挨拶して追い抜いていった。  駒止階段穂と圧雪が増加、油断をするとスリップする雪面が増加、階段も氷化部分が残っている。
駒止茶屋まで1時間51分、快晴、表尾根がすっきりと見えている。 吹きだまりのトレースを歩くようになる、未だボコボコが残っているがずいぶんと歩きやすくなった。  富士見平、富士山、鍋割山稜と青空に映えている。  日差しを浴び雑木林も輝影の景色を見せている。
堀山ノ家前で何時もの水飲み休憩、晴れ、気温−1℃、快晴、微風、周囲は雪景色。  小屋前を出発、ガレ渡り急な登山道を上り始める、軽アイゼンが良く働く、荷物重く馬力低下では傾斜のある登り雪面はスタミナを消耗する。 
萱場平通過・・2、3人の登山者が休憩中、快晴、気温−2℃、無風。  残雪のガレを登り花立階段下へ到着、馬力が落ちている、写真を撮りながら一休み・・・相模湾は冬海輝影、黄金色の煌めきなのだが、何か変、スモークのフィルターをかけたように霞んでいる。  花立階段をゆっくりと登る、一旦停車が増加。
花立小屋前、登山者4、5人、何時もの水飲み休憩、ポカリ補給、快晴、温度−3℃、微風・・・今日は確実に4時間オーバーとなりそうだ。 雪とガラガラの階段をゆっくりと登る、快晴に霧氷を期待したが、只冬林の梢が広がるのみ。
花立下ガレ・・雪は少ないが吹きだまりもある、富士山、蛭ヶ岳、南アルプスと青空にそれぞれの景色を見せている。  花立から金冷やし入り口へ雪はたっぷりとなる、金冷やし・馬の背・気温−5℃程へと低下、弱い風有り。

鍋割分岐通過、塔ノ岳〜蛭ヶ岳の当たりの日差しが翳ってしまった、青空も見えるが冬林は黒々とした景色となる、登山道の白さが目立つ。  直下のブナ、カエデも翳りの中だ。  塔ノ岳直下・展望台から蛭ヶ岳はバックは青空だが翳りの中。  塔ノ岳山頂が近づくと日差しが届き始める。
塔ノ岳到着11時41分、4時間23分・・撮影・246カット、晴れ、微風、気温−7℃弱。  尊仏山荘に入る、空いている、小屋当番はKちゃん、Kbさん、お茶を頼んで薄皮アンパンマン5個で腹ごしらえ・・素泊まりを依頼する。 

  1/26(金) 大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高手前〜塔ノ岳・泊
  1/27(土) 塔ノ岳〜北面キレット〜塔ノ岳〜大倉尾根〜大倉

2018/1/26(金)
獲得高度(m):1,410 m
天    気 :晴れ→曇り
気    温 :大倉−2℃、一本松−2℃、堀山−3℃、金冷やし−4℃、塔ノ岳−6.7℃//18時−11℃〜更に低下
風       :微風〜2m
ザック重量  :16.4 Kg
水       :2.0 g











「 昇陽/出発です 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉バス停
 良い天気を期待して。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬林陽光 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・克童窯〜丹沢ベース
 日の出から1時間弱、未だ斜光線。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







「 冬林陽光 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 このあたりの雪は登山道脇に残るのみ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 コゲラ朝食中 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 コンコンコンと音が響く、2,3羽の鳥の姿が。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 定位置から、梢の隙間を覗き込むように撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 冬景 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 手前は鍋割山稜山腹、斑な雪模様が残る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 冬景 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬海輝影 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 相模湾の輝き、一寸霞み気味。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







「 冬海輝影 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 冬景 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
左側三角錐の山頂は「大山」。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
雲の中は風地獄だろうか。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
花立下のガレ場から。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    









「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    








「 富士山 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
雲の景色が面白い。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    









「 南アルプス冬景 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
左から上河内岳、聖岳、赤石岳、悪沢岳。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    









「 蛭ヶ岳冬景 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
 光と影の景色を撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    









「 登る 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 翳りの中を登ってゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    










「 登る 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
明暗がゆっくりと流れてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM    









「 ブナ冬姿 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
蛭ヶ岳は日差しの中にあり。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 山頂 」  2018/01/26(金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
到着は日差しの中となった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・泊〜日高手前 』 2018/01/26(金)〜27(土) (1/6 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる