山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/02/03(土) (2/2)

<<   作成日時 : 2018/02/11 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/02/03(土) (2/2)
                                                      _
北面キレットで引き返すことにする。  塔ノ岳への最後の急な部分は雪が柔らかく一寸頑張る。

尊仏山荘に顔を出し、Kちゃんに「今日はこのまま降ります」と挨拶する。
何時もの様に尊仏山荘と下山路を撮ってから下山開始。 すっかり曇ってしまった、木道階段には圧雪が残り、前下がりの傾斜が強いところもある、軽アイゼンは装着したが要注意。  途中で出会ったStさんと一緒の女性は軽アイゼン無しで時折滑りながら降っていった・・馬力もバランスも良好、それになれているようだ。
登山道は曇り空の下だが、比較的明るくの凹凸が比較的わかりやす。  鍋割分岐までにブナ冬姿を撮っておく。
金冷やし、登山道と吹きだまりの様子を撮る。 花立通過、曇りだが気温高く雪解けが進んでいる、ガレと壊れ階段が続く、軽アイゼンは着けたまま下山を続けるガリガリと。

花立小屋通過、花立階段の雪解けが進んでいるが残雪も多い。
花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、未だ2輪に雪が積もる・撮る、オヤマボクチと撮りながら降る。 岩は未だ雪に覆われている場所も多い。   萱場平通過、一部雪が消えている、階段は雪に覆われている部分が多いがやがて疎らになってくる、堀山の家まで続く。

堀山の家に入り補給休憩、甘酒を注文、薪ストーブのそばで寛ぐ。 
山頂で会った女性も休憩中「Nw」さんと言うらしい。
堀山の家〜駒止茶屋間、雪解けが進み地肌部分が増加したが、樹林帯の雪は登りの時とほとんど変わっていない量だ。
駒止茶屋前通過、駒止階段の雪はほとんど無いがスリップ注意でゆっくりと降る、軽アイゼンを着けたまま歩き続ける。  一本松ベンチまでも圧雪が残る、更にベンチと一本松の間が危険地帯、圧雪がしっかり凍結している。  一本松通付近で軽アイゼンを外しザックに収納。 もみじ坂登山道には雪は無い、湿りの残る登山道を下る。  見晴階段も湿りが残り注意してゆっくりと降る。

見晴茶屋通過、登山道の周辺に雪は残るが登山道上に雪はない、雜事場先の平らの部分の雪も消えていた、湿りの多い登山道が続く、観音茶屋通過。
大倉林道分岐先、ろうばいは最盛期のようだ、良い香りが漂うが観察のみで通過。
下りに3時27分だった、撮影129カット。  トイレ、靴洗い、着替えは省いてバスに飛び乗る、すぐに発車した。


2018/2/3(土)
獲得高度(m):1,330 m
天    気 :曇り
気    温 :大倉7時2℃、観音茶屋1℃、見晴茶屋0℃、花立/金冷やし−1℃、小屋のデジタル温度計は−1℃
風       :微風〜
ザック重量  :17.0 Kg
水       :1.5 g









「 アセビ冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
 薄く霧氷で装う。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 アセビ冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
中腹から上部は雲の中、谷に向かって灰色の景色が広がる。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 登山道 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
モノトーンの景色となる。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 尊仏山荘 霧景 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳
暗く曇る景色が続く。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 下山 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 下山 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 まずは木道階段を下るが、雪に覆われ外れると落ち込む。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM









「 ブナ冬姿 」  2018/02/03(土)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 霧の景色に佇む、散り残る枯葉に彩りを感じる。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 馬の背トレース 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM











「 馬の背トレース 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM











「 馬の背トレース 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 花立通過 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
花立のピークに木道がある。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM











「 花立小屋通過 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
旗は小屋営業中の旗印・・夏場は「かき氷」となる。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM











「 フジアザミ冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 オヤマボクチ冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 下山 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
若者が軽快に降ってゆく。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 萱場平雪景 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM









「 冬景下山 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 三ノ塔 冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
 表尾根に弱い日差しが届く。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 表尾根 冬景 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM










「 トレース 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・駒止階段〜一本松
駒止階段を下りきる、平らになるまでの間に雪が残る。
 この部分は圧雪氷化ずることが多い。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM











「 もみじ坂 」  2018/02/03(土)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
 ここの雪は直に消えてゆきそうだが。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日帰り登山、雪がまだ多く残っていて足場が悪そうですね。
登山時間が長くなり日帰りは健脚の方しか難しそうですね。
この時期でも山頂付近では登山客が来ているんですね。

2018/02/11 22:22
温 さん、おはようございます。
塔ノ岳への1番の登山道、大倉尾根、今は地道と凍結道ですね・・・この2,3日の気温高かで、雪が消えた部分も多くなったかと思いますが、残雪は凍結部分が増していることでしょうね。
塔ノ岳は冬期でもよほど天気が悪くなければ、登山者が絶えることはありません。
 大雪の降った後でも必ず登る人たちがおります、昔から・・「常連のバカが多い」と自分らで言っていますが。

MORINOBUNA
2018/02/12 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/02/03(土) (2/2) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる