山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/01/30(火) (2/2)

<<   作成日時 : 2018/02/09 21:41   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/01/30(火) (2/2)
                                                      _
鍋割分岐までに蛭ヶ岳展望台から雪の舞い落ちる景色を撮る・・雪の降る様が捉えられている、いろいろと。
金冷やし、小雪が降り続いている、花立通過、曇り、小雪が降り続く、ガレと壊れ階段が続く、軽アイゼンは着けたまま下山を続けるガリガリと。 三ノ塔が霞む景色となっている。

花立小屋通過、花立階段の雪は少なくなり地道を歩く場所が増加した、階段下のガレはさらに地肌の露出部分が多く、ガリガリと音を立てて降る。
花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、未だ2輪に雪が積もる、更に下りオヤマボクチと撮りながら降る。 岩は薄く雪に覆われて要注意。  小雪の萱場平通過、階段の雪も少ないが雪も残る状態が堀山の家まで続く。

堀山の家で補給休憩、小屋の軒下を借りてチョコレート菓子パンとポカリ+テルモスお湯・・・アウターを着ているが少々肌寒い、スポーツシャツは面倒なので我慢してしまう。
堀山の家〜駒止茶屋間、登りの時とあまり変化していない、一部地道、その他雪道。
駒止茶屋前通過、駒止階段の雪はほとんど無いが凍結でスリップ注意でゆっくりと降る、もみじの木の手前で軽アイゼンを外してザックに収納。  一本松ベンチまでも圧雪が残る、更にベンチと一本松の間が危険地帯、圧雪がしっかり凍結している、露出した石、岩を拾って降る。
一本松通過、もみじ坂には雪は無いが湿りの残る登山道を下る。  見晴階段も湿りが残り注意してゆっくりと降る。

見晴茶屋通過、登山道の周辺に雪は残るが登山道上に雪はない、湿りの多い登山道が続く、観音茶屋通過。
大倉林道分岐先、ろうばいは最盛期のようだ、良い香りが漂ってくる、撮る、舞い落ちる雪を意識したが。
下りに3時19分だった、撮影213カット。  トイレ、靴洗い、着替えをしてから乗車、乗客は15人前後。


2018/1/30 (火)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :曇り
気    温 :大倉7時0℃、観音茶屋0℃、見晴茶屋−2℃、花立/金冷やし−2℃、小屋のデジタル温度計は−4.6℃
風       :微風〜
ザック重量  :17.0 Kg
水       :1.5 g









「 下山 」  2018/01/30(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 雪が舞い散る、濃く薄く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ冬景 」  2018/01/30(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 薄暗い空の下、佇む景色にも雪が散る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 雪華舞う 」  2018/01/30(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 雪華舞う 」  2018/01/30(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 降る 」  2018/01/30(火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 アセビ雪景 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
 アセビは時々に、いろいろな装いを見せる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 フジアザミ雪化粧 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 雪化粧 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
 舞い散る雪は薄く積もる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ雪化粧 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ雪化粧 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 凍 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 凍 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オオシマザクラ冬姿 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家
幹は黒々と。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 冬景 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
 山は見え隠れ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 冬景 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 雜事場通過 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜観音茶屋
舞う雪もやがて止んでいた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 雪薄く 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜観音茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ロウバイ爛漫 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜大倉バス停
そこはかとなく香り散る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 ロウバイ爛漫 」  2018/01/30(火)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜大倉バス停
そこはかとなく香り散る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2018/01/30(火) (2/2) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる