山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (3/3)

<<   作成日時 : 2018/01/30 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (3/3)                                                            _
降りながら鍋割分岐までに、薄い霧氷のブナ冬姿を色々撮りながら降る、時折曇り空からの弱い光が届き霧氷が輝きを放っている。

金冷やしも霧氷の景色が続いている、花立通過、曇り空、ガレと壊れ階段が続く、軽アイゼンは着けたまま下山を続ける・未だ雪の上を概ね歩ける。 三ノ塔の上部だけに日差しが届き輝きの様が鮮やかだ。

花立小屋通過、花立階段もほとんど雪が覆っている、階段下のガレは地肌の露出部分が多く、ガリガリと音を立てて降る。  三ノ塔、大山は曇り空の下で時折の日差しを浴びている。
花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、未だ2輪残っている、オヤマボクチと撮りながら降る・・・ボクチの部分に雪がまぶされたように付いていて面白い。 雪の萱場平通過、階段は概ね雪に覆われる状態が続いている。

堀山の家は今日も通過、駒止茶屋前で補給を入れる。  堀山の家〜駒止茶屋間、登りの時とあまり変化していない、ボコボコのトレースが続いている。

駒止茶屋前ベンチで水分補給、すぐに出発する。  駒止階段は未だ雪が残っている、アイゼンが良く効く、平らに出たところで軽アイゼンを外してザックに収納。
一本松通過、もみじ坂は曇り空からの日差しが届いている、雪解け水の流れが太陽を映し煌めきの景色を見せている。  見晴階段に雪は無くなっているが、注意してゆっくりと降る。
見晴茶屋通過、登山道の周辺に雪は残るが登山道上には雪は残っていない、雜事場からの平ら部分は圧雪氷化が始まっている・・・要注意。  そこを通過すると湿りの多い登山道が続く、観音茶屋通過。
大倉林道分岐先、ろうばいは観察のみで通過。
下りに3時12分だった、撮影254カット。  トイレ、靴洗い、着替えは省いてすぐにバスに乗車、2分ほどで発車となった、乗客は18人程度。


2018/1/23 (火)
獲得高度(m):1,330 m
天    気 :曇り・日差し青空有り→曇り・眺望無し、薄い霧氷
気    温 :大倉7時0℃、観音茶屋0℃、見晴茶屋−1℃、花立/金冷やし−2℃、11時10分、小屋のデジタル温度計は−3.6℃
風       :微風〜
ザック重量  :17.0 Kg
水       :1.5 g









「 ブナ冬景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 曇り空、時折の光が漏れる、僅かに明暗を繰り返している。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ冬景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 曇り空、時折の光が漏れる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 霧氷咲く 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
薄い霧氷だが溶け落ちることも無く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
雲間からの光が届く、新雪の輝き。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 花立通過 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
 これからガレと階段を下る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷華薄く 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
 霧氷はこのあたりまで。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ冬景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
 雪がまぶされた様な姿が面白い

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ冬景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平
 雪がまぶされた様な姿が面白い

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 下山 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 下山 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
冬光に輝きの景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 三ノ塔 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬光輝影 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
斜光線が陰影を描く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬光輝影 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
雪解け水が煌めきを見せる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬林陽光 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
 青空に梢の模様が描かれる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬林陽光 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (3/3) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる