山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (1/3)

<<   作成日時 : 2018/01/28 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (1/3)                                                            _
天気予報は晴れ、東京、横浜の最低気温2℃、最高気温は7℃。
大倉行き一番定期バス・登山客25人・・・常連・・Nm、Tzさん達と、その他4,5名・・・最近よく見かける/時折見かける人たち。 駅前には雪が残っているがバスの運行には問題ないようだ。
大倉バス停・周りは雪がたっぷり残っている、曇り/日差し漏れる、風は弱い、気温0℃程度、トイレに寄り登山届けを投函して出発。  寒くない、雪の残る道路をバリバリと歩く、凍結注意。  Nmさんが追いついてきた、今日はゆっくりペースのようで話しながら歩くこととなる。 大倉林道分岐を過ぎ樹林帯に入ると途端に雪が少なくなり、道路には雪無し。 道路脇を雪解け水が小さな流れをつくっている。  登山道上には雪は無いが周囲には残雪が有る。 観音茶屋通過、登山道には雪無し、登るに従い登山道脇の雪が僅かずつ増加する。

見晴茶屋までは50分、晴れ日差しが差し込んでくる、気温度0℃、周囲の雪が途端に多くなり一面の銀世界。  相模湾は幾分霞気味だが冬海輝影がまぶしい黄金色。 雪の見晴階段を登り、もみじ坂に掛かると更に雪が増加、一面の銀世界。
冬林の梢は青空と雲に模様を描いている、積雪は〜10cm前後か。  前後に1,2名の登山者が見えている、写真を撮っている間にゆっくきりと追い抜いていった。  一本松通過、積雪・10cm程度、登山道を全面覆っている。  駒止階段も雪が積もっている、十分に気をつけて登る、しんどい頑張り。
駒止茶屋まで1時間37分、小屋前を通過、晴れ、表尾根がまぶしい新雪の景色、霞気味の青空でも鮮やかだ。 樹林帯の木道は吹きだまりが多くトレースはされているが深い足跡で非常に歩きにくい・ボコボコと。  堀山・富士見平付近の雪は少なく登山道が見え隠れの程度になる、富士山は雲の中、鍋割山稜は雪の姿を見せている。

堀山の家前で水飲み休憩、ポカリ補給、気温0℃程、風弱い。  小屋前を出発、晴れ、周囲はすっかり雪景色になっている。 傾斜のステップは幾分の注意が必要、未だ圧雪と言うほどでは無い、それでも幾分緩いグリップはもしんどい。  萱場平ベンチで数人が休憩中、雪は10〜15cm程度、0℃。  ガレを注意深く通過、隠れた岩の端、土留の端には特に注意。  花立階段下、富士山見えない、相模湾は冬海輝影が霞む黄金色・・・ソフトな感じ、霞が柔らかい景色を演出している。 大山、三ノ塔も雪の景色が幾分霞む。

花立小屋で何時もの水飲み休憩、富士山見えない、晴れ、0℃、風弱い。 相模湾は相変わらずソフトな輝き、青空も柔らかな色合いだ。
小屋前を出発、青空なのだが北西方向に雲が増加し始めている、花立ガレ、青空と雲の景色、富士山は雲の中、さらに蛭ヶ岳、塔ノ岳も雲の中だ、周囲は薄い霧氷の景色となっている。 金冷やしも吹きだまり小さく特に問題なし。
鍋割分岐通過、雲が増加青空が無くなってきた、霧氷の景色も映えない。  塔ノ岳への登り雪道も歩きやすい、青空無し、薄い霧氷有りが続く。

塔ノ岳到着、3時間58分、写真も多いが雪道での馬力低下が効いている・・・撮影161カット。 曇り・遠見無し、薄霧、風強い・・地吹雪が時折発生、気温−4℃〜−5℃、曇り、積雪は20〜30cm前後、周囲は霧で富士山、南アルプスともに見えない。
すぐに尊仏山荘に入る、当番Kちゃん、お茶を頼みミニアンパンマンで腹ごしらえ、少し込んでいる。 小屋に入ってくる登山者、カメラむき出しが多く結露さしている・・・防塵防滴、防水でもズームさせればレンズ内に結露が生じる。


2018/1/23 (火)
獲得高度(m):1,330 m
天    気 :曇り・日差し青空有り→曇り・眺望無し、薄い霧氷
気    温 :大倉7時0℃、観音茶屋0℃、見晴茶屋−1℃、花立/金冷やし−2℃、11時10分時−1℃ //小屋のデジタル温度計は−3.6℃
風       :微風〜
ザック重量  :17.0 Kg
水       :1.5 g









「 昇陽/出発です 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉バス停
 昨日の雪が残る景色。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 残雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉バス停〜大倉林道分岐
 凍結部分もあり要注意。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 雪の階段 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜見晴階段
 湿りの多い雪が積もっている。
画像



   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 もみじ坂 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 雪の量がはっきりと増加した、水位分の多い雪だ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 もみじ坂 新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 振り返ると。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 踏み跡 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 樹林帯の木道
画像
、ボコボコとのトレースで歩きにくい。



   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 表尾根新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 霧氷が付いているようだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 表尾根新雪 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬海輝影 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
スッキリ見える場所は花立階段まで登らないと無い。
 仕方ないから梢の間から。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 新雪を登る 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
 前方のお二人とは前後しながらがの登りが続く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山寸景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
 薄く小さく、僅かに見えた・・・その後隠れてしまった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬海輝影 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 薄いベールが掛かったような景色だ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬海輝影 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷蒼空 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
薄めの華だが鮮やかに。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷蒼空 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷華 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
後ろの富士山は雲の中。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 霧氷華 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 霧氷華 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 風紋 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
 風の跡が残る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 新雪風景 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 新雪トレース 」  2018/01/23 (火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
 ここは大きな吹きだまりが良く出来るが、今回はたいしたことはなさそうだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/23 (火) (1/3) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる