山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/19 (金) (2/2)

<<   作成日時 : 2018/01/27 21:07   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/19 (金) (2/2)                                                            _
山頂から鍋割分岐までブナ冬姿、蛭ヶ岳と撮りながら降る。  冬林に冬の光球が淡く漏れている。 金冷やし、花立通過、曇り空、ガレと壊れ階段が続く、なるべく段差の小さい場所を選んで根気よく降る。 登山道はガラガラの砂礫が続く。

花立小屋通過、花立階段の下りは相変わらずキツイ。  今日は表尾根・三ノ塔、大山は曇り空の下に暗く霞んでいる。
花立階段下のフジアザミの枯れ尾花、未だ2輪残っている、オヤマボクチと撮りながら降る。  萱場平通過、センニンソウ枯花を色々撮る、ヤマラッキも未だ残っている・・・観察のみ。

堀山の家は今日は通過、駒止茶屋前で補給を入れる。
堀山の家〜駒止茶屋間、暗い曇り空冬枯れの景色が続く、三ノ塔は雲に極薄く輪郭が見えるのみ。

駒止茶屋前で補給休憩、肌寒い。
一本松通過、曇り、冬枯れのもみじ坂を降る、落葉、冬林の輝きは今日は無い。  見晴階段は何時もきつい下りだ、注意してゆっくりと降る。
観音茶屋通過。
大倉林道分岐先、ろうばいの香りが風に乗って漂ってくる、時間を見計らって急いで撮る。
下りは3時8分だった、撮影128カット。  トイレ、靴洗い、着替えを済ましてバス停へ、停車中のバスに乗車、座れた・・・20人弱。


2018/1/19 (金)
獲得高度(m):1,330 m
天    気 :曇り、遠見の眺望は無し。
気    温 :大倉7時7℃、見晴茶屋4℃、金冷やし2℃、10時35分時3℃ //小屋のデジタル温度計は−1.7℃
風       :微風〜
ザック重量  :17.0 Kg
水       :1.5 g












「 ブナ冬景 」  2018/01/19 (金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 曇る景色に佇みの姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ冬景 」  2018/01/19 (金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 冬景 」  2018/01/19 (金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
寒々とした雲に隠れている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 冬林冬光 」  2018/01/19 (金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
輝きは見え隠れ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬林 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜金冷やし
 馬の背から谷を覗き込む。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 鍋割冬林 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 眼下雲景 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
花立小屋通過、しんどい階段下りへ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 フジアザミ枯れる 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
何時までも?

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 フジアザミ枯れる 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ枯れる 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ枯れる 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 センニンソウ 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家
白い綿毛が煌めきを。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 センニンソウ 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 センニンソウ 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
極薄い山姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 エビネ冬葉 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜見晴階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 落葉紋様 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜見晴階段
枯れる彩りが色々と。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 落葉紋様 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜見晴階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ロウバイ爛漫 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜大倉バス停
風に乗り香りが届く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ロウバイ爛漫 」  2018/01/19 (金)  丹沢・大倉尾根・大倉林道分岐〜大倉バス停

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
センニンソウと曇りで写真で濃淡が付くことが印象的でした。
特に、雲りがだからと写真をあきらめずに、なるほど取りようによっては
味のある写真になるんですね。
今日も勉強になりました。
本読みと山歩き
2018/01/28 19:41
本読みと山歩き さん、こんばんは。
すみません「センニンソウ」、2,3枚目は内蔵ストロボを発光させています。
 何時もは写真下部のカメラ、レンズ名の後に条件を表示するのですが、今回は忘れてしまいました。
センニンソウは太陽の光を浴びているところを見て気になったので、継続して撮っていましたが・・・煌めいていました。
MORINOBUNA
2018/01/28 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2018/01/19 (金) (2/2) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる