山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2017/12/25(月) (1/3)

<<   作成日時 : 2017/12/31 10:03   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2017/12/25(月) (1/3)                                                            _
天気予報、東京、横浜 雨・朝方⇒晴、最低気温4℃、最高気温15℃、湿度・高。
渋沢駅前、曇り・濃霧、始発バス・登山者5名のみ・・・常連顔見知り・Mt、Kt、Nmさん達のみ。
大倉バス停、濃霧→晴、気温6℃、微風、湿度高。 大倉林道分岐へと歩く間に霧の中に太陽が顔を出し、やがて霧は晴れ上がっていった。 舗装路は湿りが残っている、未明の雨の跡だ。 克童窯を過ぎると雨の流れの跡が残っている、落ち葉が取り除かれたかのように水路になっている。  丹沢ベース通過、ヒル狭間先の登山道にも落ち葉が両脇に寄せられた水路の跡が残ってる・・・強い雨が降ったようだ。
登山道脇の雑木林は冬枯れで見通し良好。  観音茶屋通過、開けた場所の梢には枯葉が僅かに残った景色が続く、風が段々強くなってきている。 雜事場通過、4℃程度、アミノバイタルゼリーを2/3程飲む。

見晴茶屋通過、晴、相模湾は雲海の下に隠れている、雲の輝きがまぶしい。  見晴階段、冬林は見通しが良い。  もみじ坂に掛かる、冬枯れの林が続く、相模湾の輝影の景色が見え始めている。 風が強い、ジェット機がアフターバーナーかけているような音が続いている。
一本松通過、冬林、気温2℃と変わらず、風は強く頭上をゴウゴウと吹き抜けている、登山道では一寸強いかなの程度だ。  駒止階段へ、陽光冬枯れの傾斜の緩い登山道が続く、汗がにじみ出している。
駒止茶屋まで1時間32分、晴、気温2℃程度、表尾根は陽光、蒼空にスカイラインを描いている。  富士見平、富士山、鍋割山稜、表尾根と青空に映える、気温2℃、気温はさほど低くは無いが風が強く軍手1枚では手に冷たさを感じる・・・手袋・軍手の下に薄い物を重ねる。 明け番のWdさんとクロス。
今日の風は北西ではなく西風、まともに登山道を吹き抜けてゆき、登山道上でも強さを感じる場所が多い。

堀山ノ家前で何時もの水飲み休憩、晴、気温2℃、風強い、富士山も風の強さを感じさせる景色。  小屋前を出発、ガレを渡り急な登山道を登り始める、しばらく登ってからYzさんとクロス、今日は一段と遅くなった感じだ。   急な登山道・階段を登り始る、青空に冬林の枝模様を見ながら、風の音が響き続けている・・ジェット機が離陸するときのような音が続いている。
 萱場平通過、晴、気温2℃と、登山道は微風、一時風の音が低くなったようだ。
花立階段下部、晴、富士山に雲が湧き始めた、北西風に乗って大きく左側へと流れる感じ。 花立階段をゆっくりと登る、相模湾は黄金色の輝きが続く。

花立小屋前、登山者無し、何時もの水飲み休憩、ポカリ補給、晴、温度2℃、風。  花立へとガラガラの階段をゆっくりと登る、歩きにくい、風の音は続いているが登山道での風は弱い。  花立ガレ、晴、気温2℃、風・5〜10m程度、富士山に雲が湧いている。 金冷やし、登山道は湿っているが凍結無し、気温2℃程。  鍋割分岐通過、青空が続く、冬林のざわめきが続く。

塔ノ岳到着3時間27分・・撮影・150カット、晴、気温2℃、風5〜10m、肌寒い。
尊仏山荘に入る、小屋当番はKちゃん、お茶を頼んで菓子パンとどら焼きで腹ごしらえを始める・・日当たりの窓際に座る、暖かい。 先着・・・Mt、Ktさん達・・先に小屋を出発していった。
Kちゃんと雑談、適当に切り上げ「北面を一寸みてきます」と言い置いて小屋を出る。


2017/12/25 (月)
獲得高度(m) 1,370 m
天    気 :曇り・濃霧〜快晴/晴れ
気    温 :大倉6℃、観音茶屋4℃、駒止茶屋〜堀山の家2℃、花立〜金冷やし2℃、塔ノ岳10時40分2℃
風       :微風〜8〜10m
ザック重量  :16.5 Kg
水       :1.5 g













「 霧/出発です 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉バス停
 霧は久しぶりだ。
  空は刻々と明るさを増していると感じる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 昇陽霧景 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉バス停〜大倉林道分岐
 霧の中から光球が浮かび上がる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 雨の跡 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・丹沢ベース〜観音茶屋
 秋の彩りを残す、分けて水跡が黒々と。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 惜秋 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜見晴茶屋
 昨夜の大風と雨で残り少ない枯葉が散ったようだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 雲海 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・観音茶屋〜見晴茶屋
 相模湾は雲海に覆われた、雲が湧き動く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬林輝影 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 冬枯れの木立、散り落ちた秋彩、蒼空が覗き景色となる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 冬林輝影 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オオシマザクラ冬姿 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
風の音がゴウゴウと越えてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 新雪 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
何時もの場所から梢越しに。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 新雪 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
堀山の家を出てから5分ほど登った場所で。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 新雪 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
北西風に流されるように雲が湧く。
 山腹は風地獄だろう。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 新雪 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 地吹雪が吹き上がる、耐風姿勢をとっても飛ばされるほどの風が吹くとか!。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬海輝影 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
相模湾の冬姿、右側遠く大島がシルエット。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 湧雲 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 まるで爆発した噴煙の流れのようだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 湧雲 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 アセビが彩りを添える。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 湧雲 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 緑のアセビ、萠葉は赤く、引き立て役だ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 南アルプス雲景 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 赤石岳、悪沢岳が見える場所だが。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山と冬林 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐
 馬の背の途中から。
  冬林が主役に感じる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ冬姿陽光 」  2017/12/25(月)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 ブナの木肌、ミツバツツジ冬芽の色模様を感じ撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面キレット・ピストン 』 2017/12/25(月) (1/3) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる