山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/19(火) (1/2)       

<<   作成日時 : 2017/12/27 09:51   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/19(火) (1/2)                                                            _
天気予報、東京、横浜、晴、最低気温2℃、最高気温10℃、湿度低。
渋沢駅前、晴れ、始発バス・登山者20名前後・・・常連顔見知り・Ki、Km、Hmさん達と、その他2,3名。
大倉バス停、快晴、気温0℃、微風、湿度中。  アンダーMW+バーグハウス薄手、歩き出しに肌寒を感じさせたが、すぐに体は暖まってくる。  舗装路は乾いている、克童窯、丹沢ベース通過、登山道は乾燥気味だ、登山道脇の雑木林は冬枯れの姿が青空に広がっている。  観音茶屋通過、冬枯れの林が続くが針葉樹の樹林帯は日差しが差し込む程度。  雜事場通過、2℃程度、アミノバイタルゼリーを2/3程飲む。

見晴茶屋通過、快晴の空の下相模湾は黄金色の輝きを放っている。  見晴階段、冬林の梢が広がる。  もみじ坂に掛かる、冬枯れの林が続くようになる、前方をHmパーティーが遠ざかってゆく。
 一本松通過、冬林、気温3℃と上昇。  駒止階段へ、陽光冬枯れの進む登山道を歩く、今日は厳冬期−15℃〜20℃の環境で写真を撮る時のための冬靴・・2.6sと重い、前回の冬靴よりは歩きやすいが足の運びが思っているように歩いていないようだ。
駒止茶屋まで1時間34分、快晴、気温3℃、表尾根は陽光、蒼空にスカイラインを描いている。  富士見平、富士山、鍋割山稜、表尾根と青空の下だ、気温3℃、手袋・軍手の下に薄い物を重ねる、今日は手が冷たくならない。

堀山ノ家前で何時もの水飲み休憩、快晴、気温3℃、風弱い。  小屋前を出発、ガレ渡り急な登山道を登り始める、相変わらず感覚と実際の時間経過が合わない・・・実態が少し遅い。  Uzさんとクロス・・今日は前回のズボンと色が違っていた。  急な登山道・階段を登り始る、青空に冬林の枝模様を見ながら、中々面白い。
 萱場平通過、快晴、気温3℃、微風。  花立階段下部、快晴、富士山は斑模様の薄い雪姿だ。  花立階段をゆっくりと登る、相模湾は黄金色の輝きが続いている、僅かに浮く雲の影が海面に濃淡の影を創っている。

花立小屋前、登山者が1名休憩中、何時もの水飲み休憩、ポカリ補給、快晴、温度4℃、微風。  花立へとガラガラの階段をゆっくりと登る、歩きにくい、靴が硬く更に歩きにくさを感じる。  花立ガレ、快晴、気温3℃、微風。 金冷やし、登山道は乾いている、微風、気温3℃程。  鍋割分岐通過、青空が続く、冬林が浮き立つような景色を見せてくれる。  塔ノ岳直下、ブナの冬姿を撮る、中振りだが姿が良い・・一寸回りがうるさい。

塔ノ岳到着3時間47分・・撮影・130カット、快晴、気温0℃、微風。  尊仏山荘に入る、小屋当番は親父さん、Kbさん、お茶を頼んで菓子パンとどら焼きで腹ごしらえを始める。 毎年の写真カレンター見本を10枚提出・・・、「秋彩爛漫」「蛭ヶ岳」「富士山春景」の3種*10枚=30枚の注文となった。
小屋スタッフとの歓談が進む、適当に切り上げ「今日はすぐに下山する」と言い置いて小屋を出る。


2017/12/19 (火)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :快晴〜晴れ
気    温 :大倉0℃、観音茶屋3℃、駒止茶屋〜堀山の家3℃、花立〜金冷やし3℃、塔ノ岳10時50分0.6℃
風       :微風〜
ザック重量  :16.4 Kg
水       :1.5 g












 < 塔ノ岳直下 山毛欅冬姿 >

「 ブナ冬姿陽光 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
大木では無いが中々の男ぶり。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ冬姿陽光 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM












「 昇陽/出発です 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉バス停
 快晴。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM













「 冬林陽光 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 冬木立の登山道、青空が鮮やかだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬林陽光 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
 梢を見上げれば蒼空が広がる。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 三ノ塔 冬光 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 梢越しの景色、斜光線に梢の色づきが目に映る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
 何時もの場所から覗き込むように撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 斑模様の山肌になってしまった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬海輝影 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 輝影の中に船の影がポツリポツリと。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬海輝影 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 相模湾、光球の輝きを映す。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳
山頂到着、まずは富士山を撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 尊仏山荘 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳
 蒼空陽光の下に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 蛭ヶ岳 冬光 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳
烈風を思わせる雲が湧く。
 (ピンボケ、このとき撮った十数枚の400mm領域は全滅、後でシステムをチェックしたが異常なし、単純なミスだった様だ!?)

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG OS HMS










「 ランドマークタワー 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳
 横浜・MM21のビル群の中に。

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG OS HMS










「 大山 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳
 三角錐の山容がよく目立つ。

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG OS HMS










「 富士山 」  2017/12/19(火)  丹沢・塔ノ岳

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG OS HMS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/19(火) (1/2)        山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる