山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/15(金) (2/2)       

<<   作成日時 : 2017/12/26 20:21   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/15(金) (2/2)                                                            _
小屋での休憩を適当に切り上げ「今日はすぐに下山する」と言い置いて小屋を出る。  曇り、霧、気温−3℃、風有り、まず北面のマメザクラの薄い霧氷を撮る、どうも霧氷は最前からちっとも育っていない、諦める。 何時もの様に尊仏山荘を撮ってから下山開始。
登山道は薄く白く雪が着いているがグリップ良し、それでも気をつけて下る。
登山道は泥濘が断続的に出てくる、特に鍋割分岐手前はしっかりの泥濘が残っていた。
冬枯れの景色、曇り空は幾分くらい。 金冷やし〜花立、特に撮る物なし、花立でアウターを脱いでしまう。

花立小屋通過、曇り、風有り。 眼下、相模湾は霞んでいる、遠見に真鶴半島が明るく見えるが明暗の変化が早い、暗い雲間から光芒が降っている。  花立階段下部のフジアザミは枯れ尾花3輪未だ残る・・枯れ尾花の花姿が痩せてきている。 オヤマボクチも穂の姿、撮る。
 萱場平通過、曇り、アセビの花、センニンソウの種の姿を撮っておく。 堀山の家へと冬枯れの景色の中をゆっくりと下る。

堀山の家が営業していた、小屋の中で一休み、甘酒を注文菓子パンで補給する・・・ストーブが暖かい、おかみさん、小屋スタッフの方達との雑談で楽しい時間を過ごす。 
 挨拶して小屋を出る、駒止茶屋へとゆっくりと歩く、表尾根は曇り空の下に見えている、冬枯れの景色。
 駒止茶屋前通過、その後薄暗い階段をゆっくりと下る、静かな登山道が続いている。
一本松ベンチ通過、一本松通過、もみじ坂ガラガラの登山道をゆっくりと下る。
逆光に落ち葉が輝く景色、登山者が遠見に2,3人見えるのみ。
 見晴階段上部の秋彩も終焉へ。 何時もの様に下る、疲れも出て中々きつい階段だ、硬い靴、何時もより一層注意深く・・・ガタンガタンの感じだ。

見晴茶屋通過、下界は一層明るい、登山者無し。   雑事場通過、観音茶屋通過、足下注意でせっせと下る・・・途中の雑木林には未だ秋彩が僅かに残っているが鮮やかさは既に無い。
丹沢ベース通過、歩きにくい石詰めの道が続く。 克童窯通過、林道分岐付近のカエデ紅葉も終焉・・・大倉尾根最後の彩りが終わる。
大倉到着、3時間38分掛かった、撮影72カット・・・撮影枚数に比して時間掛かりすぎ、硬い靴の影響大。  トイレ、靴洗い、着替えをしてからバス停へ・・・1番目。

2017/12/15(金)
獲得高度(m):1,260 m
天    気 :曇り、一時小雪舞う
気    温 :大倉4、観音茶屋3℃、駒止茶屋〜堀山の家0℃、花立〜金冷やし−2、塔ノ岳10時50分−2.6℃、11時30分−3.1℃
風       :微風〜、3〜5m
ザック重量  :16.0 Kg
水       :1.5 g










「 薄化粧 」  2017/12/15(金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 下山開始、薄く、淡く雪が覆う道を。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







「 新雪淡く 」  2017/12/15(金)  丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根・鍋割分岐
 凍てついた足跡が残る道。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 新雪淡く 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜花立
 踏まれれば消えてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 烏尾山 霞む 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
 霧の濃淡が移ってゆく、山姿が見え隠れ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 三ノ塔 霞む 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 大山 霧景雲海 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 光芒降る 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立〜花立小屋
遠く真鶴半島が浮かぶ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 フジアザミ枯れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段
残りは後2輪のみ、しつこく撮る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 フジアザミ枯れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 オヤマボクチ枯れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オヤマボクチ枯れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 センニンソウ 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜堀山の家
中々散り果てない種。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 三ノ塔 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜駒止茶屋
曇り空にスカイラインを見せている。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 冬光輝影 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
雲間からの弱い光が届く、影と光の模様が浮かぶ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 冬光 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM











「 秋枯れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・大倉尾根・一本松〜見晴階段
 落ち葉は未だ彩りを。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 富士山暮れる 」  2017/12/15(金)  丹沢・小田急・渋沢駅上りホーム
 今日初めての出会いとなった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/12/15(金) (2/2)        山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる