山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高・ピストン 』 2017/07/03(月) (1/3) 

<<   作成日時 : 2017/07/12 22:59   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高・ピストン 』 2017/07/03(月) (1/3)                                            _
天気予報、東京、横浜最低気温24℃、最高気温34℃、晴れ、湿度高
渋沢駅前、曇り、始発バス・登山者45名程。
大倉バス停、曇り、気温26℃、微風、湿度高。  常連顔見知り・Tg、Tn、It、Mt、Ig、Om、Nmさん達と、他2,3人名前不明。   舗装路、登山道ともに幾分の湿り気だがヤマビルが喜ぶほどでは無い。 登山道へと入る、額から汗を滲ませながら観音茶屋通過、気温24℃、湿度が相当高い、頑張る気持ちは失せている。

見晴茶屋前を通過、顔見知り女性が扇子を使いながら一休み中。   見晴階段には数人が登っている、紅葉坂も同様の状態が続く、何しろ暑い額や頬を伝って汗が流れ落ちる、海側からごく僅かな風が入るが焼け石に水の感じだ。
 一本松通過、気温22℃、微風、非常に蒸し暑い。  駒止階段上部のギンリョウソウが開花していた、頑張って撮っておく・・・暑くてしんどい。
駒止茶屋まで1時間36分、写真0。  富士見平・富士山は見えている。

堀山ノ家前で何時もの水飲み休憩、気温22℃、曇り空が続く。 萱場平へと急な登山道、階段が続く、暑い。   前後に登山者はいなくなった、静かだ。
 萱場平通過、曇り、22℃、微風〜、樹林帯の木陰で幾分涼しく感じ蒸し暑さが少し和らぐ。  花立階段手前、ノイバラの白い花が目立つ、花立階段下何時もの場所にシモツケが咲き始めている、階段とりつきにはヤマオダマキも咲き始めた。
中高年夫婦の旦那がカメラに向かってブツブツ言っている、動画撮影しながらナレーションを入れているらしい。

花立小屋前、登山者が数人、みんな暑いーの顔つきだ。  何時もの水飲み休憩、ポカリ補給、曇り、24℃、湿度高い。
花立下ガレに到着、遠見無し。 ウツギが標高を上げて咲き競っている。 金冷やし、気温22℃と下がらない。 アカショウマが咲き始めている。
 鍋割分岐通過、塔ノ岳直下、何時もの場所のバイカウツギが爛漫の咲き具合となっている。

塔ノ岳到着3時間36分・・撮影・50カット、曇り、微風、気温24℃、遠見は無い、湧く雲が広がっている。 直ぐに尊仏山荘に入る、Ng、Mtさんが休憩中・・Tnさんは既に日高方面へ出かけている。 小屋番は親父さん、お茶を頼んで薄皮あんパンで腹ごしらえをする。
今日は日高までホオノキの芽花の状態を確認したい・・・ちっょと遅そうだが。  休憩を終わり、日高迄と挨拶して小屋を出る、曇り空、気温24℃、微風 蛭ヶ岳は雲に隠れ気味だ。  山肌にヤマボウシの白い姿が数カ所見えている。   途中戻ってきたTnさんとクロス、クルマユリの花は無かったらしい。  シモツケが咲き始め、マルバイチヤクソウ蕾堅い、オノエランは花期後半、ツルアジサイも開花している。


2017/07/03 (月)
獲得高度(m):1,440 m
天    気 :晴れ/薄曇り
気    温 :大倉7時・・26℃ 駒止茶屋〜堀山の家22℃、〜金冷やし22℃・ガス、 塔ノ岳 10時40分時22℃
風       :微風
ザック重量  :15.0 Kg
水       :2.0 g












「 出発です 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉バス停
良い天気になりますように。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ギンリョウソウ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋
今年も咲きましたが、花数が少ない。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 ギンリョウソウ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 夏富士 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
残雪も少なくなりいよいよ夏姿へ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 シモツケ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
途中あまり撮るものも無く登り続ける、そして咲き始めの花に出会う。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 シモツケ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 シモツケ蕾 」  2017/07/03(月)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士山雲隠れ 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳
やっと山頂到着、富士山は湧く雲に覆われていた。。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ブナ夏緑 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
濃緑へと変わりゆく夏姿。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 シロヤシオツツジ夏黄葉 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
夏黄葉も濃く薄く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 シロヤシオツツジ夏黄葉 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 緑陰一華 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
山肌に白い花姿が。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 蛭ヶ岳夏景 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 オノエラン挽華 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
 2週間近く出会っていなかった。

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM








「 ツルアジサイ爛漫 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 ツルアジサイ爛漫 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 ツルアジサイ爛漫 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM








「 マタタビ 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 ヤマオダマキ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 ヤマオダマキ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM









「 ヤマオダマキ咲く 」  2017/07/03(月)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


    CANON EOS 7D MU EF-70-300mmF4-5.6L IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
いや〜あっ、シモツケやヤマオダマキが咲く頃にギンリョウソウが咲くとは、かなり遅いように思いますが?違った種類のギンリョウソウでしょうか?
山ちゃん
2017/07/17 15:50
山ちゃん さん、こんばんは。
場所によるのでは無いでしょうかね〜?
 この写真のギンリョウソウは標高約800m程で樹林帯の日陰、シモツケ、ヤマオダマキは標高約1250m程度の日当たりの良い場所から稜線1450mでも咲き始めています。
ギンリョウソウは今回のように背の低いものから、ひょろひょろと高いものまで色々ありますが、大倉尾根のは背が低いものが多いです。
MORINOBUNA
2017/07/17 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜日高・ピストン 』 2017/07/03(月) (1/3)  山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる