山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』2017/05/02 (火) (1/5)

<<   作成日時 : 2017/05/09 11:55   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』 2017/05/02 (火) (1/5)                                            _
天気予報、横浜の最低気温10℃、最高気温は21℃、晴れ
渋沢前一番バスは長蛇の列、顔見知り・・Tg、Ng、Km、Ig、Nhさん達と、他2,3名。   一番バスは満員、すぐに臨時バスが用意されていた・・・これも立ち席満員。
大倉バス停、晴れ、風弱い、気温16℃。  林道への畑の畝、道路際には春の花が咲き続けているが、最近刈り払いされたて一段落。 
大倉林道分岐手前の一角のタチツボスミレが数を減らしている、標高を上げて先進んでいるのだ。 Km、Nhさん達と話しながら歩くが暫くで先行していった。   克童窯を過ぎ舗装路から石詰めの道へ、さらに丹沢ベース先の石詰めの道は乾燥している。 木立の登山道、暗い景色にイカリソウ撮る。
 観音茶屋通過、暑い、気温13℃、額からの汗が額を伝わり落ちる、しかしサングラスは曇らない。  キンランの発芽を探しながら登る、確認できた。
雑事場通過、何時ものようにアミノバイタルパーフェクトを1/3程飲む。
見晴茶屋通過、気温13℃、晴れ、これからの時期は相模湾がはっきり見えることは極少ない。  見晴階段も新緑、オオシマザクラは白い花を見せている、見上げれば新緑と青空、梢の中を登山者が登ってゆく、吸い込まれるような景色。 もみじ坂にかかる、明るい光に新緑の輝きが素晴らしい。   ゆっくりペースだが額から汗がにじみ出す。  アカネスミレは終焉、葉だけになたが、全うしたようだ、今年は結局この一株だけだった。
 一本松通過、新緑の中を歩く、ドンドン追い抜かれている。   駒止階段下部でKsさんクロス、山頂では青空に富士山が見えていたと。  途中で変わり者のスミレに出会う、さしあたり撮っておく・・・調べたらニオイタチツボスミレだった、初で合い。

駒止茶屋まで1時間27分。    富士見平、雪の富士山、鍋割は青空の景色だ。  マメザクラは葉桜が素晴らしい、爛漫の景色だ、未だ花を残すマメザクラもあるが、いよいよ終焉の時期だ・・・標高を上げ山頂へと先進んでいる。

堀山の家前でいつもの水飲み休憩、気温13℃、エイザンスミレは確認のみ、小屋は閉まっていた。   堀山の家を出発、キレットを越える、このあたりのタチツボスミレは艶やかな花姿が多い、色濃く鮮やかな花姿が続いている。
傾斜を増す階段を登り続ける、暑い。   萱場平手前幅広階段横のマメザクラは未だ爛漫の景色が続いている、更に標高を上げているようだ。
萱場平、青空に霞、気温13℃、熱感がある。  花立ガレのコケリンドウが元気が良い。   花立階段下でエイザンスミレが3輪になっていた、今日も撮っておく。 花立階段中段手前までののコケリンドウが花数を増やしよく目立つようになた、やっと増加し始めた。

花立小屋前で何時もの水分補給、薄霞の青空に雪の富士山が浮かんでいる、気温16℃、暑い。   花立へ、富士山、蛭ヶ岳と幾分霞む景色が続く。 オキナグサを覗き込む・・・2株芽生え、一株の花芽が膨らみ始めている。
金冷やし、鍋割分岐と通過、特徴の無い雑木林が続く、ハナネコノメを覗いて見る、花期終盤、赤い葯はほとんど無くなっている。  塔ノ岳直下でフデリンドウ数輪に出会う、蕾と花と、今年の初物。

塔ノ岳到着・3時間15分、青空、気温16℃、微風、撮影94カット、富士山はよく見える、南アルプスは霞の強い景色だが久しぶりの出会いだ・・偏向フィルーをかけるとコントラストが上がる、蛭ヶ岳はよく見える。
 小屋に入る、当番は親父さん、Wkさん、Wdさん、Kちゃん・・GW対応、すぐにお茶を頼んでミニあんパン5個で腹ごしらえをする。  先着はNgさんのみ・・他は小屋に入らない人たちばかりだ。 GWは結構な混み具合で小屋は満員御礼のようだ。


2017/5/2 (火)
獲得高度(m):1,500 m
天    気 :晴れ、霞濃くなる
気    温 :大倉7時4分 16℃、観音茶屋13℃  見晴茶屋13℃、一本松13℃、堀山の家16℃、花立小屋16℃/金冷やし℃  塔ノ岳10時20分17℃
風       :微風〜
ザック重量  :16.6 Kg
水       :1.5 g














「 出発です 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉バス停
良い天気を期待して。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 キンラン花蕾 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉バス停〜見晴茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 イカリソウ木漏れ日 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉バス停〜見晴茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 春緑を登る 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・見晴茶屋〜一本松
見晴階段を上る、短いが一寸急。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ニオイタチツボスミレ 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋
あれ、一寸見かけない花姿と!?。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ニオイタチツボスミレ 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 ニオイタチツボスミレ 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 ニオイタチツボスミレ 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋
山頂にかけても黒い筋が見え始めた。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 葉桜爛漫 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
堀山のマメザクラ、花は過ぎたが彩りは鮮やかだ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 葉桜爛漫 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
薄く霞む景色、新緑を感じるまでには今暫し。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
1370mの花立直下から、何時もの場所から。
 鍋割山稜、新緑の景色がもうすぐ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 オキナグサ 」  2017/05/02 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 蕾膨らむ、今年も頑張って。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・塔ノ岳
 山頂展望。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・塔ノ岳
 山頂展望。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・塔ノ岳
 山頂展望。
  レンズはSIGMAのニューフェース。
   100mm-400mmのズームレンズとしては軽い方だが。
    カメラにセットするとそれなりの重さになる。
     以前はCANON 100mm-400mmのズームレンズを使っていたが、今はCANON 70mm-300mmのLズームレンズが標準装備だった。
     約1割の重量アップ。

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG   焦点距離 291mm








「 富士春景 」  2017/05/02 (火)  丹沢・塔ノ岳
 山頂展望。

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG   焦点距離 400mm








「 マメザクラ花蕾 」  2017/05/02 (火)  丹沢・塔ノ岳
 <5/8日に開花しました>

画像


    CANON EOS 7D MU SIGMA 100-400mmF5-6.3 DG

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜竜ヶ馬場手前・ピストン 』2017/05/02 (火) (1/5) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる