山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2017/03/28 (火) (2/4)

<<   作成日時 : 2017/04/03 20:01   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2017/03/28 (火) (2/4)                                            _
花立、蛭ヶ岳が雪の原に首を出すような景色を撮っておく、登山道を外すと膝上程度まで潜る、重い雪で抜け出すのに馬力がいる。 金冷やしもトレースが細い、クロスが大変だった。
今日は霧氷なし、着雪の景色となっている・・・日差し有り、気温上昇でボタボタと落ちてくる。  鍋割分岐通過、湿り気の多い雪の一本のトレースが続く。  木道階段もすっかり雪に埋もれている。

塔ノ岳到着・3時間39分、晴れ・西側は雲量多い、蛭ヶ岳方面はよく見えている、気温−1℃、微風、撮影170カット・・・富士山、南アルプスは雲に覆われている。    小屋に入る先着無し、小屋当番は親父さんのみ。
すぐにお茶を頼んでミニあんパン5個で腹ごしらえをする。   適当に登山客の出入りがある。  この時期にしては大雪だ、親父から「30年ほど前の4月7にもっとすごいおゆきが降った」と話が出る。  私が最も遅い降雪にあったのは、甲武信岳で5月20過ぎに20センチ以上の積雪にあった。
甲武信岳の親父に頼まれて十文字小屋主催写真コンテストに出品した、15年以上前の話・・入選した写真が掲示されていたがどうなっただろうか→「石楠花大賞」
一休み後、この雪では北面を見ないわけにはいかないな、と言い置いて小屋を出る。  軽アイゼンを付けて新雪を下り始める、トレースはボコボコ、膝ぐらいの深さが続く。  踏み跡を外すと膝上にまでなるが、地面にはついていない。 軽アイゼンはあってもなくても良い感じだが、帰りの登りで少し役に立つ感じだ。  霧氷無し、ボテボテの着雪が残るが、幸い枝折れを起こすほどのものではない。 何時ものシロヤシオツツジにもボテボテ雪がついているが幸い折れた枝はないようで良かった。  曇り始めて蛭ヶ岳は暗い景色になり始めている、稜線だけが明るく見える。


2017/3/28 (火)
獲得高度(m):1,340 m
天    気 :晴れ→曇り、一時雪
気    温 :大倉7時4分 4℃、観音茶屋2℃  見晴茶屋2℃、一本松1℃、堀山の家2℃、花立/金冷やし−1℃  塔ノ岳10時20分−1℃
風       :微風〜
ザック重量  :14.9 Kg
水       :1.5 g











「 蛭ヶ岳 春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
一面の雪原に浮かぶように。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳 春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 蛭ヶ岳 春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立
 木立の影も参加する。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







「 蛭ヶ岳 春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・花立小屋〜花立

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 登る 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
重く湿った雪はすぐに踏み固められ、さほど沈まないトレース。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 登る 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 登る 」  2017/03/28 (火)  丹沢・大倉尾根・鍋割分岐〜塔ノ岳
 山頂へ。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士雲景 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳
ついに姿は見えなくなってしまった。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳展望 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳
光と翳、明暗が景色を変える、止まることはない。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 尊仏山荘 春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 蛭ヶ岳翳る 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳
春雪の景色に翳りが訪れる、雲が流れ景色の変化が続く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM







「 春雪トレース 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 春雪トレース 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 雪庇 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
瘤みたいな雪庇だが。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 シロヤシオツツジ冬芽赤く 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 シロヤシオツツジ春雪模様 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット
着雪で枝の傷みを心配したが、特に問題なし。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 シロヤシオツツジ春雪模様 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 シロヤシオツツジ春雪模様 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM










「 ブナ春雪 」  2017/03/28 (火)  丹沢・塔ノ岳〜北面キレット

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
名残雪が、またたくさん積もったようですね♪〜
来シーズンまで新雪に会えないかもしれないとなると、このようにトレースを付けて歩くのが楽しくなりますね♪〜
リッキー
2017/04/04 19:28
リッキー さん、こんばんは。
そうなんですよ〜!、積もりすぎです、キクザキイチゲが咲きません。
新雪にトレース楽しいですね。
しかし水分十分、重くて大変なのです・・・自分の馬力低下を棚に上げて。
MORINOBUNA
2017/04/04 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜北面展望台・ピストン 』 2017/03/28 (火) (2/4) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる