山と写真  MORINOBUNA

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/02/25 (土) (1/3)

<<   作成日時 : 2017/03/01 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/02/25 (土) (1/3)                                            _
天気予報は良好だが?、天気図からは丹沢山塊は芳しくなさそうと感じる。
横浜の最低気温1℃、最高気温は10℃。  三週間の休山から2回目の登山となる。
大倉行きの一番バス、臨時バスが先行しているが定刻のバスも登山客で満員、・・・常連・Tn、Nm、Ki、Ii、Km、その他名前がわからない数名の方たち。
大倉バス停、風は弱い気温、1℃程、トイレに寄り出発、登山届けを投函。
思ったより気温低く0度前後のの歩き出しはちょうどよい、振り返ると相模湾の輝きが幾分霞んでいる。  昨夜雪が降ったかと思ったが山の白さは感じられない。
登山者は前後に続く、さすがに土曜日。   観音茶屋通過、気温1℃、額から汗がにじんでくる。  雑事場通過、アミノバイタルパーフェクトを1/3程飲む、吹き抜ける風が肌寒さを感じさせる。

見晴らし茶屋通過、気温0℃、相模湾の輝きを眺めてから通過、テラスにいつもの親父さんの姿が見えなかった。  見晴階段に掛かる、登山者が連なって登っている。   もみじ坂に掛かる、今日の空は薄霞、雲量が少し多い、青空の鮮やかさはない。  日陰の木道に霰が積もっていた。   一本松を過ぎるあたりから肌寒さを感じ、温度計を見ると−1℃程度と僅かに低下。
登山道は凍っている、ゴツゴツとした感じが靴底から伝わってくる、日陰にはやはり霰と思われる白いものが残っている。

駒止茶屋まで1時間25分、−1℃。   晴が続く、富士見平、富士山はまた新雪の姿だ、鍋割山稜、表尾根に雪の目立つ気配はない。  小草平への登山道はゴツゴツと凍っている部分が多い。

堀山の家前でいつもの水飲み休憩、小屋にKiさんがすでにいた。   堀山の家を出発、キレットを超え階段の続く登山道を上ってゆく、日陰の霰/雪が僅かに増加したが登山道にはない。  陽光の中の冬林が輝きを見せることもある。 まあまあペース登り続ける。  萱場平も陽光の中だ、気温−1℃。 
花立階段下で富士山を撮る、中腹まで雲が湧いている。  花立階段途中のコケリンドウ、マークしている花だが一輪の開花のみだ。

花立小屋前で水分補給、風が幾分冷たい、青空だが雲量が少し多い。
花立へのガレた階段は歩きにくい、花立ガレで富士山をと思ったら、雲隠れしてしまった。  蛭ヶ岳も雲湧く景色、雪はほとんど消えてしまっている。  金冷やしは幾分の雪でスリップ注意、登山道脇に少し雪が見え始める。
さらに登ると登山道上に僅かに氷化した部分が残っているが特に問題なさそうだ。

塔ノ岳到着・3時間22分、少し改善、晴れ・雲量多い、気温−3℃、微風〜、2,3m、富士山、南アルプスともに雲に覆われている。
早速尊仏山荘に入る、少し混み合っている、親父さん、Kちゃんと久しぶりと挨拶、Wdさんは前回挨拶済み。
Nmさんがストーブの前で缶ビールで休憩中。  隣で腹ごしらえを始める、周囲は賑やかだ。


2017/2/25 (土)
獲得高度(m):1,260 m
天   気 :晴〜12時〜夕方
気   温 :大倉7時0℃、観音茶屋1℃  見晴茶屋0℃、一本松−2℃、堀山の家1℃  塔ノ岳10時35分−3℃
風      :微風〜
ザック重量 :16.2 Kg
水      :1.5リッター









「 出発です 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉バス停
良い天気が続くようにと。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 アラレ 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
木道の日陰にひっそりと残る。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 もみじ坂 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・見晴階段〜一本松
霞気味の空、柔らない日差しが届く。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 モミジ陽光 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・一本松〜駒止茶屋
色白な幹、撮っている間に登山者が遠ざかってゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士新雪 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・駒止茶屋〜堀山の家
木が育つ、富士山が見える景色が縮まってゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 萱場平 陽光 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 マユミ 陽光 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 雪残る 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・堀山の家〜萱場平
日陰の木道に。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM









「 富士新雪 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段
この先の空模様、どうなるかわからないので撮っておく・・・正解でした。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 富士新雪 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・萱場平〜花立階段

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 コケリンドウ咲く 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・花立階段〜花立小屋
 ただ一輪、花が増えてくるのは3月中旬頃から以降。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 蛭ヶ岳 陽光 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし
 陰りと輝きが景色を変えてゆく。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 蛭ヶ岳 陽光 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・花立〜金冷やし

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM








「 雪淡く 」  2017/02/25 (土)  丹沢・大倉尾根・金冷やし〜鍋割分岐
 笹原の雪化粧、淡く疎らな景色になる。。

画像


   CANON EOS 7D MU EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 丹沢・大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳・ピストン 』 2017/02/25 (土) (1/3) 山と写真  MORINOBUNA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる